無料版に制限を加えつつあるGoogle Apps

次の記事

スーパースターチームでFlash版MMOGに挑むOhai

GoogleによればGoogle Appsが利用される100万ものビジネス現場にて、多くの場合、広告が表示される無料版が利用されているとのことだ。無料版に関心が向いてしまわないよう、これまでは無料版で利用できるアカウント数をこっそりと削減し続けてきた。しかしビジネスの広がりを受けて、これまで以上に有料版の利用規模拡大が迫られることとなった。

Google Appsはgmail、Googleカレンダー、Google Docsなどをパッキングしてビジネス用途も見据えたアプリケーション群だ。成長も著しく、最近の記事では、Googleが再販プログラムの開始も報じられた。Googleによると現在100万以上のビジネスで、1000万人がGoogle Appsを利用しており、ビジネスでの利用件数は日々3,000件のペースで増加しているとのこと。最大規模のビジネスユーザであるGenentechでは、20,000人の社員がGoogle Appsを利用している。

Google Appsが2006年8月にスタートしたときは、無料版のみで「すべての業態、業務規模において無料で利用できるサービス」と紹介されていた。

完全無料だったのは2007年2月までで、Googleはより多くのディスク容量と稼働保証を付したプレミア版をアナウンスした。当時設定されたコストはひとり年額50ドルで、これは現在まで維持されている。

Google Appsの開始時にはビジネスで無料版を利用する際にも、200アカウントまで作成することができた。作成できるアカウント数はいつの間にか100に減っていた。今月初めに再販制度開始がアナウンスされた時にこの制限はさらに半分になり、今では50アカウントになっている。



GoogleはGoogle Appsのサインアップページも変更している。以前は無料版とプレミアム版を比較していた(スクリーンショット参照)のだが、現在ではプレミアム版と、その無料トライアルの情報のみを掲載している。無料版との比較を見るためには「compare to standard edition」のリンクを辿らねばならなくなった。

目的は明らかだ。1利用者あたり年間50ドルを支払ってくれるプレミアムアカウントを増やしたいわけだ。売上高の成長が大いに鈍化し、コストのかからない新たな収益獲得の方策を模索しつつある。この方向性に見合っているのが、これらGoogle Appsの収益化という方法だ。但し、Googleはこれらオフィス向け製品にてマイクロソフトおよび高額なExchangeサーバ製品群とのみ競合しているのでないことも覚えておくべきだろう。ZohoやYahooのZimbraなどといった安価なサービスとも競合していくことになるのだ。Googleが考えているほどに価格設定の自由度はないというのが現実かもしれない。

Update: Googleのエンタープライズ部門PresidentのDave Girouardからメールを頂いた。メールには、アカウント数を50に削減する際、管理者はプレミアム版に乗り換えることなくアカウントの追加を申請できるようになっていた件が記されていた。また、今回の制限は再販業者のモチベーションを高めてもらうためだとのこと。また、Googleはこれ以上のアカウント制限を行うつもりがないことも記されていた。以下、英文のままでメール本文を掲載しておく。

I run the enterprise/apps division at Google – we met a couple of years ago at the Apps launch. I read your story this AM on Techcrunch. Just a bit of clarification and explanation for our change. Until just now, we actually had no caps whatsoever on # of users on Apps Standard (ie free version). The 100 and 200 user “limits” you saw were actually just the defaults that showed up there – admins could request any additional number they wanted.

As to the question of our motivation, the reality is a little more subtle. If it weren’t for the reseller program, I can say for sure that we wouldn’t have put the cap on the free edition. The reality pre-reseller is that the vast majority of larger businesses opt for the paid version for all the reasons you can guess (support, api access, ldap synch, etc). So the mere imposition of the cap has a trivial direct impact on our revs. However, with the new channel program designed to attract a big ecosystem of resellers, it’s hard to convince them that this isn’t really an issue – eg that they shouldn’t worry about competing with a free product. Indirectly, we think the cap will help us grow revenues more quickly, because it makes it easier to attract high-quality partners.

We started 2 years ago with the belief that we needed a huge installled base first . . . and that subscription monetization would happen mostly in companies of larger than 25-50 employees. And also that we had a very viable ad-supported product for very small businesses, who tend to think more like consumers (free is good). We designed our approach to get a massive user base, and then to get increased monetization as more bigger companies adopt. This isn’t the same as saying that we want to get companies started on “free” and get them to pay later – that’s a relatively small effect in my view. Both user growth and revenue is in fact accelerating. Maturity of the product accounts for that, though we still have a ways to go.

There’s no reason to believe that the cap will continue to “move down” – we have no plans whatsoever to do that.

原文へ

(翻訳:Maeda, H)