comscore

ComScore、世界のインターネット人口10億超と発表

次の記事

Last.fm、Imeemを追ってAndroidに登場

comScoreの調査によると、昨年12月、世界のインターネット人口は10億人を超えた。実際の数字はそれよりずっと多いはずだ。(Internet World Statsによると、2008年6月30日現在での世界のウェブ閲覧人口は15億人とされる)。いずれにしても、世界の人口のまだ15ないし22%しかインターネットにアクセスできていない。本当の意味で世界がインターネット化するにまだまだ時間がかかりそうだ。

comScoreによる、各国、地域別の内訳は下のとおり。(2008年12月のユニーク訪問者。一部の数字は丸められている)。

インターネット人口のトップ15ヶ国

  1. 中国 1億7970 万
  2. アメリカ 1億6330 万
  3. 日本 6000万
  4. ドイツ 3700万
  5. イギリス 3670万
  6. フランス 3400万
  7. インド 3210万
  8. ロシア 2900万
  9. ブラジル 2770万
  10. 韓国 2730万
  11. カナダ 2180万
  12. イタリー 2080万
  13. スペイン 1790万
  14. メキシコ 1250万
  15. オランダ 1180万

世界のインターネット人口の分布

  • アジア太平洋 4億1600 万 (41.3%)
  • ヨーロッパ 2億8300万 (28.0%)
  • 北アメリカ 1億8500万 (18.4%)
  • ラテンアメリカ 7500万 (7.4%)
  • 中東・アフリカ 4900万 (4.8%)

(写真: Joe Shlabotnik

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)