Clerkdogsの「OscarMatch」は、Netflixと一味違う奇抜な映画をすすめてくれる

次の記事

マイクロソフト、リリース版とほぼ同じIE8 RCの提供を開始

今年の自分なりのアカデミー賞候補を見ていると、同じくらいよい作品であることを期待して少しでも関係のある映画を借りまくる、という昔ながらの慣習に従っていることに気付くだろう。NetflixでSlumdog Millionaire(スラムドッグ$ミリオネア)The Wrestlerと打ち込めば、「これと似た映画」をおすすめしてくれる。しかし、もっと奇抜で地元の小さなビデオ店にあるような作品をお探しなら、Clerkdogsへ行ってみよう。この人力映画推奨サイトには「OscarMatch」という、今年のアカデミー賞候補作品に似た映画400本を推奨する機能がある。

Netflixでは、例えばThe Wrestlerに似た映画を探すと、Requiem For a Dream(レクイエム・フォー・ドリーム、監督が同じ)、Slums of Beverly Hills(Fカップの憂うつ)、Sideways(サイドウェイ)、Sin City(シン・シティ、同じミッキー・ロークが主演)が出てくる。 Clerkdogsでは、落ちぶれたボクサーの映画が山ほど出てくる。Raging Bull(レイジング・ブル)Requiem for a Heavyweight、「一様に陰うつ」と評された1972年のボクシング映画、Fat Cityなどだ。ミッキー・ロークの一番のおすすめは、有名なBarflyで、こちらの方が妥当に思える。大穴はミシシッピーの貧しい一家を描いた2008年の作品、Ballastが、The Wrestlerと「同じスタイル」であると解説されている。どんな自動おすすめエンジンも、両方の映画を借りた人がいたという以外、このマッチングをすることはないだろう。

他の候補作品をみてみると、同じく予期しない驚きのおすすめが出てくる。スラムドッグ$ミリオネアにはMonsoon Wedding(モンスーン・ウェディング)とSalaam Bombay!(サラーム・ボンベイ!)。どちらも、 NetflixおすすめのLittle Miss Sunshine(リトル・ミス・サンシャイン)、Trainspotting(トレイン・スポッティング)、Thank You For Smoking(サンキュー・スモーキング)よりは筋が通っている。Clerkdogsの「OscarMatch」が必ず良いおすすめ作品を出してくるかどうかはわからないが、他で見られないものが出てくることは確かだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)