mahalo
Answerly

なんと、あの人力検索のChaChaがまたも$30M調達に成功

次の記事

MySpaceとYouTubeからダボス会議に派遣されるビデオブロガー決まる

人力検索・回答サービスのChaChaについてはTechCrunchにずいぶん記事を書いてきたが、peHUBによると、同社はシリーズCのラウンドで$30M(3000万ドル)を調達中で、うち$11M(1100万ドル)についてはすでに確保ずみであることが届出書類で明らかになったという。書類には新たな株主の記載はない。

ChaChaはちょうど2年前、シリーズAのラウンドでAmazonのファウンダー、Jeff BezosとBezos Expeditionsから$6M(600万ドル)を調達、その後Morton Meyerson21st Century Technology Fundから$10M(1000万ドル)を調達している。ChaChaが$30M(3000万ドル)のシリーズCのラウンドを無事完了すれば、調達した資金のトータルはなんと$46M(4600万ドル)にも上ることになる。

念のため、ChaChaという名前に聞き覚えのない読者に説明しておくと、これはユーザーがウェブないし携帯からテキスト・チャットのインタフェースを通じて、「検索ガイド」と称する生身の人間に質問ができるサービスだ。われわれこれを規模の拡大が困難なばからしいアイディアと考えており、今まで何度もそのように主張してきた。しかし人力によるQ&Aサービスの分野を狙うスタートアップはChaChaだけではない。(JasonCalacanisのMahaloが先月、似たようなサービスを lローンチしたし、Answerly もいま一つの例だ)。

われわれはChaChaに資金調達の事実と投資家の身元の確認を求めている。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)