Googleが壊れた。インターネット全体をマルウェアと判定

次の記事

[CG]このウォータージェットパックはスゴいぞ!(動画)

どうなっているのかはわからないが、数分前からGoogleで検索を行うとすべてのサイトがマルウェアと判断されて、「このウェブサイトにアクセスすると、コンピュータに損害を与える可能性があります」と表示されてしまうのだ。上に掲載した図のように、Googleのサイト自体もそう表示される。

Twitterでもこの大規模なエラーに際して議論沸騰中#googmayharm#googmayhemのタグも見てみると良いかもしれない)。これを見ても問題は世界中で生じているようだ。またブラウザやプラットフォームを問わずに発生してもいるようだ。

メッセージをクリックするとGoogleのサポートページに繋がるが(下図参照)、しかし膨大な数の人々がアクセス中のようで、レスポンスが非常に遅い。ページをざっと見てみると、今回のようなメッセージが表示された際にはStopBadware.orgを見てみて欲しいと書かれていた(そちらのページも現在重くなっているないし全く見ることができないようだ)。

Update: 問題は解決したらしい。ベルギーのGoogleでは検索結果は通常に表示される。但しGoogle.comを見ると依然としてマルウェアメッセージが表示される。また、現在のところでは登録利用者としてログインしてから検索を行った場合にのみメッセージが表示されてしまうようだ。

Update 2: 完全に復調したようだ。ほっと一息ついてやろうとしていたことを続けて大丈夫 :)。

Googleからの問題報告を待つこととしよう。このように大規模なサービスのメルトダウンは、たとえ時間的には短い間のものであってもXデーに向けた議論を引き起こすものとなるだろう(これは決してGoogleだけの問題ではないと思うのだ)。

Update 3: GoogleのMarissa Mayerが公式Google Blogに説明をアップしている。Marissaによると、マルウェアをばらまく悪質サイト対策を行っている非営利法人StopBadware.orgが送信してきた不正サイトのリストに人的ミスで ‘/’が含まれていたことが原因という。(この非営利法人のサイトにさらに詳しい説明がある)。その結果、 ‘/’が削除されるまでの間、Googleのデータベース中のすべてのURLが"マルウェア"と表示されてしまったようだ。以下にMarissa Mayerのブログ記事の全文を載せておく〔英文〕。

If you did a Google search between 6:30 a.m. PST and 7:25 a.m. PST this morning, you likely saw that the message “This site may harm your computer” accompanied each and every search result. This was clearly an error, and we are very sorry for the inconvenience caused to our users.
What happened? Very simply, human error. Google flags search results with the message “This site may harm your computer” if the site is known to install malicious software in the background or otherwise surreptitiously. We do this to protect our users against visiting sites that could harm their computers. We work with a non-profit called StopBadware.org to get our list of URLs. StopBadware carefully researches each consumer complaint to decide fairly whether that URL belongs on the list. Since each case needs to be individually researched, this list is maintained by humans, not algorithms.

We periodically receive updates to that list and received one such update to release on the site this morning. Unfortunately (and here’s the human error), the URL of ‘/’ was mistakenly checked in as a value to the file and ‘/’ expands to all URLs. Fortunately, our on-call site reliability team found the problem quickly and reverted the file. Since we push these updates in a staggered and rolling fashion, the errors began appearing between 6:27 a.m. and 6:40 a.m. and began disappearing between 7:10 and 7:25 a.m., so the duration of the problem for any particular user was approximately 40 minutes.

Thanks to our team for their quick work in finding this. And again, our apologies to any of you who were inconvenienced this morning, and to site owners whose pages were incorrectly labelled. We will carefully investigate this incident and put more robust file checks in place to prevent it from happening again.

Thanks for your understanding.

Posted by Marissa Mayer, VP, Search Products & User Experience

原文へ

(翻訳:Maeda, H/Namekawa, U)