ニュース
Yahoo

Yahoo!がRSSフィードでの広告配信プログラムを停止

次の記事

GoogleのタスクリストがAndroidとiPhoneに登場

Yahoo!は、広告主が関連内容にコンテキスト広告を掲載して収益シェアプログラムに則って配分を受け取ることのできるAds in RSSを停止した。

ネットワークメンバーに送信されたメールを掲載しておく。

Yahoo!のパブリッシングパートナーの皆様へ

2009年2月2日をもちまして、Ads in RSSのプログラムを停止いたします。本ベータプログラムの停止は、パートナーの皆様により多くご利用頂いているSponsored SearchやContent Match等の広告製品に注力するために決断したものです。RSSページからContent Matchのタグを削除して頂きますようお願い申し上げます。

Sponsored SearchおよびContent Matchに注力し、2009年中に追加機能を発表していく予定にしております。皆様方と協力し合って、ともにビジネスの成長を目指して歩んでいけることを喜ばしく受け止めております。

敬具

Yahoo!における貴社のパートナーより

YahooはAds in RSSをベータプログラムと記しているが、ずいぶん長らく継続してきたサービスだ。公式に登場したのは2005年11月に遡る。

YahooがRSS広告から撤退することで、この分野のプレイヤーはPheedo、Text Links AdsのFeedvertising、およびGoogleのFeedBurner(最近あまり良い成果に結びついていないようだ)のみとなった。

(情報提供はDave Zatz

原文へ

(翻訳:Maeda, H)