MySpaceを追い出された数千人の性犯罪者をFacebookで発見

次の記事

Animotoが、最高の駆け込みバレンタインギフトを提供開始

ここ2年間で性犯罪者90,000名をサイトから追い出したと発表したMySpaceは大いに注目を浴びている。ところでMySpaceから追い出された性犯罪者たちはどこに向かったのだろうか?MySpaceを追い出された性犯罪者の一部はFacebookに逃げ込んだとする証拠がある。

John Cardilloは元ニューヨーク市の警察官で、現在はマイアミでSentinelというセキュリティ技術ファームのCEOを務めている。同社の技術はMySpace、Bebo、MyYearbook、WePlayなどのソーシャルネットワークサイトで性犯罪者の特定のために利用されている。氏によればFacebookが性犯罪者たちの「避難場所」になっているとのこと。もちろんFacebookがSentinelの顧客でなく、MySpaceが上得意であることは割り引く必要があるかもしれない。しかしCardilloはとても見過ごしにできないデータも見せてくれた。

Sentinelの技術はSentinel SAFEというソフトウェアに実装され、MySpaceはこれによってサイト内の性犯罪者を発見しエチル。Sentinel SAFEは米国内700,000人以上の性犯罪者データベースで、名前、写真、誕生日、メールおよびIMアドレス(もし性犯罪者が所有している場合)、その他100以上の情報を蓄積している。CardilloはMySpaceから追い出された90,000名の性犯罪者リストに基づいて、それらの性犯罪者たちをFacebook上で探した。

たいして苦労もせずに、8,000人の性犯罪者がFacebookを利用しているのを見つけましたよ。プロフェッショナルとして言わせて頂けば、実数はこの15-20倍ということになるのではないでしょうか。

実際にシステムで探し出したのは8,487人だ。Cardilloの言葉も耳に入らず、彼の示したスプレッドシート上の名前から目が離せなかった(Update: ただしFacebookのIDと結びつけて表示されたのはそのうち4,679名だった)。またFacebookに登録されたプロフィールの名前と写真に合致する顔写真も見た(うち4枚を上に掲載している)。これら公開されている顔写真のいくつかを確認してみると、National Sex Offender Registryに登録されている名前や写真と一致した。名前さえ明らかになればFacebookで当該人物を探すのも難しいことではない。

これらFacebookアカウントを作成したのが、該当する性犯罪者本人ではない可能性もある。しかしそのような行為には非常な手間暇がかかる(偽のプロフィールを作り、性犯罪者の情報をすべて集め、プロフィール掲載用の本人のスナップショットを準備して、偽の電子メールアドレスを取得設定して、プロフィールを作る数だけこの行為を繰り返す)。それにわざわざ性犯罪者の偽アカウントを作成したがる人がいるのかどうかも疑問だ。それにプロフィールを作成したのが実際の性犯罪者かどうか不明であっても、そのようなことは実際問題、大したことではない。

昨年5月、Facebookは49州の司法長官と合意し、「すべての性犯罪者のプロフィール情報を削除する」ことを決めている。これはFacebook上すべてのプロフィール情報に適用されるものであろうから、上に述べたプロフィールが誰の手になるものかは問題ではないのだ。

FacebookがSentinelのスクリーニング(古いわけ)ソフトウェアを利用するとしたら、費用はどのくらいかかるのだろう。Cardilloに尋ねたところでは「ユーザ1人あたり1セントもかからない」とのことだった。利用者150万人で100万ドル以下とのことだった。

Facebookが独自に公開性犯罪者レジストリを確認するプログラムを開発すれば、もう少し安く済むかもしれない。実際Facebookは独自ソフトウェアの開発を行おうとしたこともある。おそらくはそのシステムは既に導入されているのだろう。しかしCardilloの見せてくれた結果を見る限り、Facebookの性犯罪者発見システムには少々手を入れる必要があるようだ。Facebookでは既にGet Child Molestors Off Facebook(Facebookから小児性愛者を追い出そう)というグループも立ち上がっている(メンバー数は11,761人)。

Facebookには質問を投げており、間もなく回答してもらえるとのこと。回答があり次第、本記事を更新する。

【以下、更新情報は英文のまま掲載しておきます】

Update: Of the 8,000 matches, Facebook spokesman Barry Schmidt responds:

Obviously, we are going to investigate. We hope to define them and remove them as soon as possible.

He also cautions that these should be viewed as potential matches:

Facebook does not allow the same investigations by an outsider as by insiders. Saying there is a positive match of 8,000 sex offenders is difficult to for an outsider to do. You would need would need more than a name and a photo the size of your thumb. The correct way would be to characterize them as potential matches.

And he says this of Sentinal:

For a company that has a mission to keep kids safe, we find it irresponsible that they wouldn’t share this with us. Or, if not with us, how about with law enforcement? This could have been an announcement that Sentinel and Facebook removed 8,000 potential sex offenders. We still don’t have the information on who they are. If you are willing to share that with us, we will investigate immediately.

(I am forwarding the spreadsheet with the list of matched names to Facebook).

Update 2: Here is an official statement from Chris Kelly, Facebook’s chief privacy officer (who may be considering a run for California Attorney General), which explains how Facebook currently screens for sex offenders and works with attorneys general to remove them:

Protecting our users, especially the many children who use our site has always been a top priority for Facebook. We have devoted significant resources to developing innovative and complex systems to proactively monitor the site and its users, including those not on a sex offender registry, for suspicious activity (such as contacting minors or users of predominantly one gender).

We also have established a large team of professional investigators to evaluate any reports of potential abuse, including those surfaced by our systems or from our users. We have been working proactively with states’ attorneys general to run their lists of registered sex offenders against our user base. Our team uses various internal tools to automatically find matches. Any potential matches are evaluated more fully by our internal team of investigation professionals.

If we find that someone on a sex offender registry is a likely match to a user on Facebook, we notify law enforcement and disable the account. In some cases, law enforcement has asked us to leave the accounts active so that they may investigate the user further.

We have worked proactively to establish a publicly available national database available to everyone of registered sex offenders that enables real-time checks and includes important unique information like email addresses and IM handles. The passage of the KIDS Act, a measure we actively supported, was a major step forward and we’ve already contacted the new administration to offer our help in designing the real-time access features that it supports.

We are glad to be able to report that the success of these techniques means that we have not yet had to handle a case of a registered sex offender meeting a minor through Facebook. We are working hard to make sure it never happens and we are investigating Sentinel’s claim.

Kelly raises a valid point: Why isn’t there already a publicly available national database of registered sex offenders that can be used for such screening purposes?

Update 3: At the tail end of a press release from the office of Connecticut Attorney General Richard Blumenthal about the 90,000 sex offenders MySpace found on its site, the following sentence was appended:

Recent reports also indicate substantial numbers of convicted offenders with profiles on Facebook. Blumenthal said that his office is awaiting a response to his recent subpoena to Facebook.

The press release came out after this post was online.

Update 4: Shortly after I sent Facebook the list of matches, Facebook disabled all of the accounts with associated user IDs as a precautionary measure (which was about half the list).

原文へ

(翻訳:Maeda, H)