Gmailにマルチペイン(同時複数小ウィンドウ)機能が加わる

次の記事

FacebookがOpenIDのサポートを誓う; でも何が変わるの?

Gmail Labsの新機能が今日(米国時間2/5)ロンチした。それは、ブラウザの別のウィンドウを開かなくてもGmailの各面をマルチペインで見れる機能だ(上の画像を見て)。メッセージに頻繁にラベルを付けたり、保存しておいた検索結果を使うユーザにとって、これはGmailを大幅に使いやすくしてくれるビッグボーナスだ。

これまでのGmailでは、検索結果やラベルを付けたメッセージの一部を見たいユーザは、そのためにブラウザのウィンドウ全体を使う必要があった。今度からは、複数のものを一度に見ることができるのだ。

この機能を使うためには、自分のアカウントでGmail Labsをアクティブにする。そしてLabsのオプションの”Multiple Inboxes”をイネーブルにする(ちょっとスクロールしないとそれは見つからない)。複数のアカウントのインボックスが見れるわけではないから、Multiple Inboxesという名前はは誤解を招く。でもそれもまた、Labsが将来リリースするかもしれない。

複数のペインをセットアップするためには、Gmail Settingsメニューで”Multiple Inboxes”をセレクトする(それを事前にイネーブルにしておくこと)。これで、最大5つまでのペインを同時に開ける。ペインを作る操作はちょっとぎごちない…たとえばラベルの名前がfriendsなら、手作業で”label:friends”とGmailの‘コード’を入力しなければならない。そうするとfriendsラベルのメッセージのリストが表示される。でも、柔軟性もある。一つのペインに複数の属性を付けられるのだ。たとえば”is:drafts OR is:starred”ではdraft(下書き)またはstarred(星印付き)のメッセージのリストが表示される。

GoogleはGmail Labsを昨年6月に立ち上げて、Googlerたちが自分の時間の20%を投じた作品が、ここに陳列されることになった。その作品には、古典的なゲームのSnakeもあれば、SMS chatGadgets、さらにはMail Gogglesのようなものもある。これは、らりったユーザが酔っぱらいメールを書いて送り、翌朝後悔することを、事前に防止するための機能だ。

新機能に関する詳しい情報は、Googleのブログのここを見てください。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)