diorama
バンダイ

[CG]バンダイの「昭和銀座ジオラマ」は19万8千円でほんとに動くこだわりの逸品

次の記事

Googleラボ、視線追跡情報の研究結果を公開

バンダイが昭和30年代銀座の街並みを再現した「昭和銀座ジオラマ」を発表したとき、「えっ、ジオラマのスピーカーだって?」とびっくりしたが、本当にそのとおりなんだ。

ジャンプのあとのビデオを見てもらうと分るが、和光ビルや森永ネオンなど懐かしい昭和30年代の銀座に郷愁をもつ日本人の大人を対象とした本格派だ。まあこだわりの日本人には受けるかもしれないが、アメリカ人にはちょっとね・・・

[via Akihabara News, バンダイプレスリリース]

[原文へ]

(翻訳:shiro)