Picturesurf:ブロガー向け超カンタンフォトギャラリー

次の記事

Twhirlもアップグレード。Seesmicにデスクトップクライアントができた

Picturesurfは、新しいWordpressプラグインで、ブロガーが簡単にフォトギャラリーを作れる。このたび一般公開された。サムネイル写真を切り抜いたりサイズ変更したりする(そしてそれを面倒なHTMLテーブルに埋め込む)のに時間をかけることなく、Picturesurfを使えば、ユーザーがデスクトップから写真を何枚か選んでアップロードすれば、自動的にサイズ変更されて標準CSS用に配置される。このプラグインは、WordPressのプラグインライブラリーにあるほか、Picturesurfのウェブページにも使用方法と共に置かれている。

ファウンダーのAlan Rutledgeによると、ブロガー用のギャラリーは他にもあるが、Picturesurfは「写真をお金に変える」ことを考えている大規模ブログを主な対象にしているという。ギャラリーの画像の横に広告を載せることができるため(.pngや.jpgファイルを埋め込んだだけの空白ページを表示するのではない)、ブロガーは効率よく画像を収益化することができ、一方ユーザーは何度も「戻る」ボタンを押さずにすむ。

プラグインはSEO用にも最適化されており、RSSフィードリーダーにも対応している(通常のギャラリーはFlashかJavascriptを使っており、RSSリーダーでは読めない)。各画像はブログ本体に逆リンクされているので、RSSフィードの収益化効率も上がるとRutledgeは言っている。

このプラグインが一般向けに発表されたのはこれが最初だが、Picturesurfはしばらく前から利用されており、3000ヵ所以上のブログに組み込まれている。Rutledgeが調べたところによると、ブログでのプラグインを使った広告インプレッション数は、通常のサムネイルによるギャラリーと比べて倍以上になったという(ユーザーは、便利になった分クリック回数も増える)。

われわれは、イメージを多用しているブログ( CrunchGearなど)でこのプラグインを試用しているが、簡単にギャラリーが作れるので気に入っている。以前のように手でやるよりも間違いなく便利だ。

ちなみにPicturesurfはRutledgeの最初のベンチャー企業ではない。バークレーの学生だった頃に、他の学生3人と一緒に小さなモバイルベンチャーを立ち上げ、後にiLikeに買収されている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)