オープンソースのMiro Media Playerに新版登場

次の記事

インターネットテレビのTvinci、$1.6Mを調達

オープンソースのHDビデオプレイヤーのMiroについては2007年にも記事にしている。そのMiroがアップデートを行い、デザインを刷新してよりパワフルなMiro 2.0となってリリースされた。

新しくなったMiroにはパフォーマンスの向上や連続ダウンロード、HuluやYouTubeなどのサイトの動画をサイドバー上で連続再生させる機能、それに動画を別ウィンドウで再生する等、種々の機能が加えられている。また1.0の頃からMiroでは複数サイトからの動画Podcastの検索およびダウンロードに対応しているが、Miro自身、種々の動画Podcastを提供している。BitTorrentにも対応し、Firefox同様オープンソースで提供されており、非営利のParticipatory Culture Foundationによって制作されているMiroは2008年には400万回以上もダウンロードされている。

MiroはJoostと競合関係にあるが、MiroのブログではJoostに勝るポイントを列挙したりもしている。2.0版は単なるアップデートではなく、過去数ヶ月のうちに進化したJoostへの対応という意味もあるのだろう。Joostはアプリケーション版からブラウザ版に移行することにより、利用者数を大いに増やしている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)