TwitterのJack Dorsey、Ustream.tvの顧問に就任

次の記事

Yumbunny:クラウドソース利用の笑える出会い仲介サービス

Twitterの共同ファウンダーで元CEOJack Dorseyがカリフォルニア州Mountain View所在の人気コミュニティー・ビデオサイト、Ustream.tvに参加することになった。読者はすでにTwitter誕生秘話の記事を読んだはず(まだならぜひお読みいただきたい)なので、Dorseyの役割が決定的に重要だったことをご存知だろう。実際、われわれがかくも愛用するようになった(いまだに理解できない層も存在するが)リアルタイム情報発信サービスの実現に必要な準備をしたのはDorseyだった。

Dorseyの貢献についてUstream.tvの共同ファウンダー、CEOのJohn Hamは「“Jackはインターネットを永遠に変えた」と絶賛している。それは少し大げさな表現かもしれないが、Dorseyのリアルタイム文化への理解と爆発的に成長するインターネット・サービスを稼働させ続ける戦い の経験は、 Ustream.tvに大きな助けとなるだろう。

DorseyはWesley Clark大将、元YouTubeの収益化責任者のShashi Sethに次いでUstreamの顧問委員会に加わった3人目の部外者だ。同社は現在まで総額$13M(1300万ドル)以上の資金を調達しているが、StickamKyteJustin.TVMogulusなど多数の似たようなサービスを提供するライバルとの間で激しい競争を強いられている。あらゆる有益な助言が必要とされるわけだ。

アップデート: Twitter自身も顧問が必要かもしれない。Twitterは現在ダウン中 だ。〔注:約1時間で復旧ずみ〕

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)