Xoopit、Facebookのステータスメッセージ機能をGmailに統合

次の記事

赤ちゃん誕生の瞬間をストリーミング配信。これは度を超えたものだろうか?

添付書類や画像、動画などの閲覧を容易にして、メールにソーシャルネットワーク的機能拡張を施すXoopitに新機能が搭載された。Gmailの利用者はメールを読んでいる最中に、Facebookのステータスメッセージを閲覧・更新を行ったり、あるいはFacebook上の友だちのプロフィール写真を見ることができるようになったのだ。

また誕生日や携帯電話の番号を見ることもできる。新機能をインストールするとFacebook Connectを利用してGmailから簡単にステータスメッセージを更新することができるようになる。この新機能はなかなかのもので、FacebookとGmailがシームレスに使えるようになる。Facebookのステータスメッセージというのは利用者が最もチェックするものであり、標準的なFacebook利用者にとって非常に便利な機能と言うことができる。

ソーシャルネットワークとメールを結びつけるというコンセプト自体は新しいものではない。YahooとGoogleは自社の運営するメールにソーシャルネットワーク機能を持たせることについてかなり積極的でもある。Yahooは電子メールサービスを中心にソーシャルネットワーク風の機能を実装しているとも言えよう(Yahooメールの利用者は全世界で2億5400万、Gmailは8000万の利用者がいる)。

Xoopit-Facebookの機能がYahooメールでも利用できるというのではないが、昨年記事にしたようにYahooとXoopitも今回のGmail風の機能を付け加えてはいる。

今回リリースされたプラグインは、こちらで設定を行った際には少々バグ含みに感じられた。しかし全体的に見ればかなり便利なツールと言えよう。Facebookのステータスメッセージの更新をチェックしたり、あるいは自分のを更新するためにFacebookに切り替える手間が省ける。これに加えてGmailにニュースフィードを配信することができるようになれば完璧だと思うのだがどうだろう。

新機能に関するスクリーンショットを貼っておく。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)