SAP、クラウド進出を睨みCogheadの技術を買収

次の記事

Twitterアプリケーション、トップ21(Competeによる)

昨日(米国時間2/18)われわれは、Cogheadがサービスを停止したことを報じた。ウェブベースの企業向けアプリケーション開発用エディターで、実に直感的なインターフェースを備えたサービスだった。今日、同社CEOのPaul McNamaraから連絡があり、以前同社に出資したソフトウェアの巨人SAPが、Cogheadの知的財産を買い取ったことを知らせてくれた。Cogheadは操業停止するが、同社チームの大部分がSAPに移る予定だ(ただし、McNamaraは移籍しない)。

SAPは以前からこの会社に出資はしていたが、最終的にCogheadを買収することになったのには少々驚かされた。SAPといえば長年にわたり、手間のかかるアップグレードやIT部門を必要とするローカル版企業向けソフトウェアで知られる会社で、Salesforce.comをはじめとする、SaaSサービスの保守不要の製品にその座を奪われつつあった。

この不振と戦うべく、最近同社は小型パッケージの提供を開始し、ユーザーがアップグレードしたい機能を選べるようになり、大がかりなソフトウェア入替えに時間を費やさなくても済むようにした。また、クラウドサービスの確立にも 前進しており、これでCoghead買収の論理が説明できるかもしれない。

McNamaraから顧客に宛てたレターの一部を下に貼っおいた。

As a customer, you know that the Coghead platform provides one of the
fastest and most efficient ways to develop applications. SAP saw great value
in our technology. SAP also saw great value in our people. As part of the
deal, many of the Coghead engineering and operations team have joined SAP as
well.

Coghead began as an ambitious vision by Greg Olsen, Chelliah
Thirunavukkarasu, and Bill Trento. Along the way, the company became a
trendsetter in the cloud computing space and I want to thank all of our
employees, customers and partners who contributed to turning Coghead from
vision to reality.

As for me, I will not be joining SAP, and I cannot comment any further on
SAP’s future plans for the technology or the details of the sale
transaction. However, I wish my former colleagues the best of luck at their
new home.

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)