写真素材サービスのFotolia、会員数100万、画像数500万件を突破

次の記事

CBS Interactive曰く「我々はHuluのコンテンツをストリーミングする権利を有している」

マイクロ素材写真サービスの調子は悪くないようだ。Fotoliaによれば登録会員が100万人を突破し、取り扱い写真点数が500万に達したそうだ。販売価格は最安で14セントから、平均的には1~2ドルとなっている。100万人の登録利用者のうち、アクティブなのは860,000人(1枚以上の写真をクレジットカードで購入しているか、3ヵ月以内にアップロードした人の数)。また1日の入会者数は3,000人だそうだ(月間86,800人)。

ComScoreのデータを見ても一ヶ月あたり230万のユニーク訪問者を集めており(もちろんそのほとんどは登録利用者ではない)、なかなかの数値を挙げている。2006年にGetty Imagesによって$50M(5000万ドル)で買収された競合のiStockphotoは、ほぼ2倍の月間利用者数(520万)となっている。しかしiStockphotoのサイトを見ると、取扱写真数は400万に過ぎないとのこと。

またFotoliaによると、アップロードされた写真の数が有料でダウンロードされた数とほぼ等しくなっているそうだ。40,000の写真やその他のコンテンツが日々アップロードされており、ダウンロードされる写真は日々50,000件に達するとのことだ。これから見るとひと月には150万件が有料でダウンロードされていることになる。Fotoliaの取り分は販売価格の20%ないし50%となっている。

尚Fotoliaは動画販売にも乗り出す考えだ(iStockphotoもしばらく前に開始している)。サイトには既に20,000件の動画がアップロードされており、3月ないし4月には新たなカテゴリを用意する予定だとのこと。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)