Microsoft、レイオフ手当の払いすぎ―返還を求める

次の記事

Facebook「ユーザーデータはユーザーのもの」ときっぱり(これからもプライバシー騒動は続くだろうが)

泣きっ面に蜂とはこのことだ。Microsoftは誤ってレイオフに伴う退職手当を過大に算定して支払ってしまったらしい。で、相手は現在、その一部を返還するよう求められているという。1400人に上るレイオフ対象者のうち、どれほどがこのミスの対象となっているのか明らかでないが、われわれの得た情報によれば、決して1、2にとどまるケースではないようだ。(Microsoftに問い合わせ中)。また一部の対象者は手当が過小に計算されていたという情報もある。

給料の誤払いというのはそれ自体でイヤな話だが、レイオフ対象者への退職手当となるといっそう微妙な問題となる。しかもMicrosoftの人事部はどうしてこうした間違いがおきたか説明するだけの配慮もなかった。(対象者は会社に電話するよう言われたが、問い合わせようにもその時点では週末なのでオフィスは閉まっていた)。Microsoftの人事部が何かエラーをしたのだろうが、それなら、どこでどういう間違いをしたのかはっきりと説明する義務があるはずだ。


msletter

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)