Whatever
MicroPlaza

MicroPlazaはTwitterのリンクの収集サービス(先着100人を招待)

次の記事

Facebook Pagesが近くデザインを一新

以前は共有価値のあるリンクを見つけるとdel.icio.usに登録して公開したものだった。今はみんな(短縮URLで)Twitterするだけだ。そこで、膨大なTwitterメッセージの中からリンクを含むものだけを選別し、さらに時系列や人気のある順にソートできたら便利ではないだろうか? 簡単にいうと、MicroPlazaはそういったサービスだ。

MicroPlazaはまだ非常に初期のベータテスト段階だが、TechCrunch読者先着100人が招待されている。ユーザーがログインすると、記事の見出しと、とその記事にリンクしているTwitterメッセージが次々に表示される。ユーザーは自分がフォローしている相手のメッセージだけを対象にしたパーソナル・ページもある。あるいはパブリック・ページでは現在いちばんたくさんのユーザーがリンクを張っている人気記事が表示される。どちらのページもそれぞれRSSフィードで読むことができる。

記事は時系列、あるいは人気の順に並べ替えることができる。その記事にリンクするTwitterメッセージの数に比例して人気が決定される。(ただし、新しいリンクほど重みづけされる機能があるので、表示されるのは常に最新の話題と最新のTwitterメッセージになる)。

リンク先はほとんどの場合ウェブサイトかブログの記事なので、MicroPlazaは自動的にリンク先の記事の見出しを抽出してくれる。ユーザーは今Twitterでどういう話題が注目を集めているか一目で知ることができる。どの記事もブックマークすることできる。またフォローしている相手をいくつかのtribe〔部族〕と呼ばれるグループに分類し、それぞれのグループ別にモニタすることができる。MicroPlazaでは、さらに、フォローしている相手全員の最新のリンクが表示されるページも提供している。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)