Tap Tap Revenge 2が出ました

次の記事

HuluはデスクトップクライアントMyMediaPlayer2を非公式に提供

iPhoneで人気トップのゲーム、Tap Tap Revengeの続編が、今夜(米国時間3/2)App Storeに登場する。このゲームの最初のバージョン(←iTunesのリンク)は600万回以上ダウンロードされ、WeezerNine Inch Nailsなどから公式にライセンスされた音楽を乗せた、別バージョンもいろいろ発表された。続編についてはここに詳しい情報があるし、App Storeに実際に出たらこの記事もアップデートしたい。アップデート: ダウンロードはここでできます。

iPhone専門の開発ハウスTapulousが作ったこのTTRシリーズは、同じくiPhone用の’Guitar Hero’にとてもよく似ていて、ユーザは音楽に合わせて画面にどんどん現れ、スクロールしていく泡を指でたたく(誰でもすぐに遊べるし、誰もがはまってしまう)。Tap Tap Revenge 2には新しいゲームエンジンと改良されたルック&フィールが載り、プレーの新たな要素として「たたいて押さえる」、「複数回たたく」などの動作が加わる。音楽は無料の曲が150曲(ゲームをインストールしてからダウンロードする)、その中にはDeath Cab for Cutieの曲や、The Cyrstal MethodとStroke 9がこのゲーム用に特別に作った曲もある。

iPhoneのネットワークを利用した対戦モードもあり、友だちとスコアを競うことができる。’成績システム’というものがあって、対戦相手の今現在の成績をリアルタイムで教えてくれる。さらに、小さな子どもや幼児用の、よりやさしい“キッズモード”もある。

TTR2もTapulousのヒット作になるだろうが、App Storeの規約によってゲーム内でのトランザクションができないから、依然として不便だ。つまり、Tapulousが有料の新曲を発表したら、ゲームそのものを新たにダウンロードしないとその曲は使えない。Tap Tap Revengeの中にお店があって、そこで買う、というわけにいかない。Appleがこの制限を外したら(外すべきだが)、Tap Tap Revengeとその続編はApp Storeの稼ぎ頭に簡単になってしまうだろう。



[原文へ]

(翻訳:hiwa)