gcubik

[CG]3D映像が見られる驚異のサイコロ型ディスプレイgCubikがアップデートされた(動画あり)

次の記事

Expensify、無料の経費レポートシステムで経費精算分野に殴り込み

gcubik_version_2

情報通信研究機構(NICT)が裸眼で3次元映像が見られる驚異のサイコロ型ディスプレイgCubikをアップデートした。昨年6月に公開された最初のディスプレイでは3面だけに実装されていたが、それが6面全部に実装されるとともに、タッチスクリーンも加わった。

バーチャルな3D映像が10センチ四方の「サイコロの中にあるように」見える。しかもサイコロを回して見る面を変えると、それに応じて3D映像の見える面が変わる。これはインテグラル・フォトグラフィ(IP)という裸眼で3D映像を見ることができる技術を採用しているためだ。

gcubik4

新しいgCubikでは6面全部に3.5インチタッチパネル(640×480画素)が実装され、明るさも従来の3倍になったので周囲を暗くしなくても使えるようになった。またスピーカーや6軸加速度センサーも備えている。これによってこのサイコロは双方向的なオモチャとしても使えるようになった。

[Via Tech-On]

[原文へ]

(翻訳:shiro)