Google Friend Connect

GoogleのFriend Connect、いよいよAPIを提供

次の記事

Google、インドでコンピュータを持たない村人のためにNoticeboardをスタート

Facebook Connectを追撃中のGoogleのFriend Connectは、このほどAPIの第一弾を発表した。デベロッパーはこれによってGoogle Friend Connectを自サイトないしアプリに緊密に統合できるようなった。Google Friend Connectは単一サインインとデータのポータビリティーを確保するサービスを提供中だ。

新しい一連のAPIを利用して、サイトの運営者はJavaScriptまたはRESTのAPIでGoogle Friend Connectの機能を直接サイトのソースコードの中に書き込むことができるので、既存のログインシステムとの統合がより一層容易になる。Googleはさらにデベロッパーがプラグインを開発できるよう、WordpressやDrupalのようなブログプラットフォームその他のコンテンツ管理アプリケーション用のAPIも発表している。ガジェットのデベロッパーもよりよい認証システムが得られる。GoogleのAPIページによると―


Friend Connect API’はデベロッパーに以下のような機能を提供します。

  • ソーシャル情報の流れをOpenSocial 規格に基づいて直接ソースコードの中に書くことができる。
  • 既存の登録ユーザーのログインシステムに統合して、新しいソーシャル・データや活動の配信ができる。
  • Friend Connect が利用できる何百万というサイトにエンベッド可能なソーシャル機能を提供するガジェットやサービスを書くことができる。

もちろん、Facebook Connectはすでに(Facebookアプリの67万にも上るデベロッパーが利用しているものと同じ)独自のAPIを提供しているGoogle Social Blogに詳しい情報あり。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)