ニュース
Twitter / ツイッター(企業)

Twitterによるトラフィックの量とその価値

次の記事

Google広告トップのTim Armstrongが、Randy Falcoに代りAOLの会長兼CEOに就任

Twitterで多人数にフォローされることの価値について、今日(米国時間3/12)は多くの人が書いている。例えば、Jason Calacanisは、Twitterが自分を他のユーザーに推薦してくれれば$12万5000払ってもよいと言っている。彼は、大勢の人たちにフォローされるようになれば、そのアカウントが年間$1M(100万ドル)以上の増分収益を生むと考えている。ただしフォロワーが数百万人いることが前提だ。

われわれはユニークなデータをお見せすることができる。それは、TechCrunchのTwitterアカウントが、今年Twitterの推奨アカウントに指定されたからだ。2月11日、われわれにはそれまで苦労して獲得したフォロワーが6万5573人いた。それが3月1日には15万8708人に跳ね上がった。今日は21万7187人だ。

つまり、ほんのひと月足らずの間に、TechCrunchのTwitterフォロワーが4倍近くになったのだ。私が知りたいのは、これがどの程度のトラフィックをTechCrunchに運んでいるのか、その価値はどれほどかということだ。

最近のわれわれのTwitterからの紹介トラフィックを下のグラフに示してある。これは、Twitterから直接来たトラフィックのみで、サードパーティー製クライアントやTwitter検索から来たものは含んでいない。

私が思うに、新しいフォロワーたちはTechCrunchのハードコアマニアではなく、推奨リストに載る前に「獲得した」フォロワーほどの価値はないのではなかろうか。今のところデータがこれを証明している。

Twitterからのトラフィックは、リストに載る前の1月に急増して6万7000ページビューから、13万ページビューに増えた。2月にフォロワー数が急増したとき、実はトラフィックは11万1000ビューに落ちていた。3月最初の11日間で、Twitterは5万3000ページビューをもたらしており、今月は15万程度になると予想される。

3月のデータが正しければ、6万5573人のハードコアユーザーが1月の13万ページビューをもたらしたことになる。その4倍近くまで増えたフォロワーは、3月のページビューを2万増やしたにすぎない。

新しいユーザーのみなさんには大いに感謝しているが、Twitter創世期にわれわれが苦労して集めた人たちほどの価値は生んでいない。さらに詳しいデータを入手でき次第、この記事を更新する予定だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)