profile
blellow

BlellowはYammer + LinkedIn + Twitterみたいだけど独自の魅力もある

次の記事

迷える消費者よ, BestInClassはあなたにぴったりのデジカメを選んで差し上げます

logo1

Crackerふうに言うと、Webの上にまたひとつ‘対話的’なミニコンテンツづくりコミュニティかい、そんなのもう要らねーよ、となるかもしれない。でも不思議なことに、Blellowはあってもいいとぼくは思うね。

BlellowはYammerみたいな魅力的なコラボレーションツールだが、Blellowではプロジェクト別にグループを作れる…たとえばWordpressのデベロッパたちがほかのWordpressデベロッパたちとグループを作ったり、フリーのライター(たち)がほかのライター(たち)と協同で仕事をしたりできる。

初めて使うときはログインしてプロフィールを記入する。それから、メッセージを送ったり、質問をしたりする…TwitterやYammerでやるように。実は、質問の部分がとてもよくできている。質問をすると誰もがそれを見たり返事ができる。すばらしい答えをくれた人を誉め称えると、回答者としてのその人のランクが上がる。そのランクを見ると、会社の人材を求めている人などが、特定の分野に詳しい人を見つけることができる。

post

会社や組織にとらわれずに、共通の関心や共通の好み、共通の考えを持つ個人の集まりにも参加できる。非公開のグループも作れる。そこで友だちからの質問を尋ねてもいい。24ドル払ってなにかの仕事を頼める。Blellowの上でエキスパートたちは、そうやって収入を得ることができるのだ。毎月10ドル払うと10GBのストレージを使える。そしてどんなに大きなファイルでも、仲間たちと共有できる。

list

Yammerが企業用のTwitterなら、Blellowはフリーで仕事をしている人たちのためのTwitterのようだ。Twitterがすでにあるから、それで十分間に合う? でも、世間は広いよ。今のような経済では、助けを求める場所がほかにもいろいろあったほうが、ありがたいね。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)