Google Chrome、もっと速いベータ版を公開

次の記事

Apple、iPhone有償アプリに新しい道、重要新機能追加、アプリ8億ダウンロード達成

昨年12月にベータを脱したはずなのに、GoogleのブラウザーChromeの「安定」版(バグもある)よりも速い新ベータ版が出てきた。本日(米国時間3/17)からGoogleは、ブラウザーを並行して3本開発することになる。主要ユーザー向けの安定版、プログラマー向けのデベロッパー版、そして勇敢なユーザー向けの新たな(再投入というべきか)ベータ版だ。

新ベータは、Windowsマシンをお持ちの方はここでダウンロードでき、現在の安定版Chromeより25%速い。また、フォームのオートフィル、ズーミング、オートスクロール、タブのドラッグなどの新機能も追加されている。

ブラウザー間のスピード競争は、ますます追うのが大変になった。新SafariはChromeより速いのか、それともChromeの「安定」版より早いだけ?Firefoxは?みんな速くなるなら、構わないけど。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)