誰もChaChaを踊らない–1/3の社員が解雇, 残りは給与カット

次の記事

クラウドコンピューティングの危険性でプライバシー保護団体がGmailの差し止めを請求

モバイルのQ&Aお答えサービスChaChaが社員の1/3を減らす。同社の公式の声明では、25名をレイオフし、残る社員は56名になる。このレイオフは将来の赤字転落を防ぐために必要だったと同社は説明している。このレイオフはTechCrunchのレイオフ記録に加えられた。今日解雇されたというある女性は:

ChaChaの今日のレイオフについて、速報的にお伝えします。25名が解雇され、56名の社員が残りました。高級管理職の人も、開発のディレクター2名、技術担当副社長、プロマネ2名、プロマネ担当上級ディレクター、マーケティングコミュニケーション担当ディレクター、Linuxシステム管理者2名、上級プログラムマネージャ、以上がクビになりました。でもこれは、大きなレイオフの一部です。会社に残った人たちは給与を10%カットされ、上のほうの管理職の人たちはもっと大幅にカットされました。

$12M(1200万ドル)云々という今日のニュースはガセです。それは、10月に終わったラウンドのことを言ってるのです。

今回の解雇は、おぼれ死にしそうな会社の悪あがきです。Yahooでモバイル広告営業担当副社長だったRob Wilkは、ニューヨーク支社に8週間もいて、ChaChaに載せるための広告を一つも取れませんでした。私が辞めたあと、会議の席でScott Jonesが今後のかなり暗い見通しを述べました。2ヶ月後にはいよいよ運命の時がやってきますから、それまでにお金を作れなければ、万事休すです。

不思議なことに、$12M(1200万ドル)のエクイティファイナンスのラウンドを発表したプレスリリースの中でChaChaはレイオフのレの字も言っていない。それは1月に本誌が報じた$30M(3000万ドル)のラウンドの拡張なのか、違うのか(本誌は詳しい情報を待っている)。

アップデート: ChaCha曰く、シリーズCのラウンドを公式に発表したことはないが、額はおよそ$15M(1500万ドル)で、2008年10月に完了した。$12M(1200万ドル)のシリーズDは先週完了し、Morton Meyerson、Scott Jonesなどの投資家が出資した。

私たちはChaChaの熱心なファンではなかったし、同社はビジネスモデルの再検討が必要だと、理由をいくつも挙げて主張した。でも私たちもだんだんChaChaが好きになり、彼らがときどきやらかす大ドジは、いつも楽しめた

アップデート: Rob Wilkに関する上の情報に対してChaCha の答えは: “Rob WilkはYahooで成績トップの広告営業であり、ChaChaでも広告営業のリーダー格で、売り上げを毎月大幅に上昇させた。Robは6週間前にニューヨーク支社を開設した。”

[原文へ]

(翻訳:hiwa)