DIY:CraiglistとGoogle Docsでオークションを設定する

次の記事

Facebookアンケート:ユーザーの94%は新デザインが嫌い

Craigslistは物を売り買いするのにいいところだ。大勢の人が見にくるし、eBayの料金を払う必要もない。残念なことに、Craiglistにはオークションをするしくみが一切ない。何を売るにもいい値段をつける実証済みの方法だ。

しかし、私の友人であるKeith Teareは、この問題を解決した。Craigslistに載せる自分の売りたいパソコンの広告に、Google Docsのスプレッドシートとフォームを組み合わせて、商品の入札を受け付けたのだ。しくみはこうだ。

これが彼のPower Mac G5の商品広告。ここからフォームGoogle Docsで作成)にリンクして入札を受け付けるとともに、読み取り専用のスプレッドシートに他の入札を表示する。各項目にはタイムスタンプが付くので、締切時間後の入札を切り捨てることができる。

入札額は$50から$750(最高値は締切を過ぎていた)。最終価格は$690。11件の入札があった。

下に画面イメージを貼っておいた。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)