Gmailにパニックボタン(送信取消)が登場

次の記事

Windows Live ProfileにFacebook Updatesがもうじき加わる

メールを送ったあと、送信完了を待ってるときに、誤字や、送り先を間違えたことに気づいたことはないだろうか。ぼくはGmailでそれをよくやらかす。Gmailは送信完了までかなり間があるからね。メールの間違いは、送信完了を待っている数秒のあいだに気づくことが多いんだよ。

でも、これからはその「数秒」が貴重になる。その間にメッセージを”アンドゥー”する機能ができたのだ(Gmail Gogglesは酔っぱらって書いたメールなどを“送らない”ようにする機能だから、アンドゥー(送ったあとでの取消)とは違う)。その機能はGmail LabsのSettingsのところでonにできる(どういうわけかページの上のほうにないから下へスクロールすること)。この機能が有効なのは、ユーザがメールを送信してから、Gmailがそれを実際に送信するまでの5秒間だけだ。

このオプションのいいところは、バグを機能に変えたこと。Gmailはとても遅いけど、これからは、その遅さが役に立つこともあるのだ。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)