元MSN幹部が共和党全国委員会メディア担当に

次の記事

Match.comでiPhoneを使って愛を求める

MicrosoftおよびMSNBC.comの元従業員でストリーミングメディアのエキスパートであるTodd Hermanが、米国共和党全国委員会のニューメディア担当ディレクターに任命された。Hermanは、ニュース記事中の偏向を見つけるツールを提供するスタートアップ、SpinSpotterのファウンダー兼経営者。

SpinSpotterのウェブサイトにあるHermanの略暦を抜粋する。

ToddはMSN Videoの最初の戦略とビジネスプランを作った人物で、100を越す伝統テレビブランドをインターネットビデオに引き込んだ。雑誌「AdAge」は同氏をMicrosoft/MSNの「メディア男」と名付けた。それ以前は、theDialというエンジェルとVCの支援によるインターネットラジオベンチャーで後にLoudeyeに買収された会社の共同ファウンダー兼CEOを務めた。theDialはMicrosoft、Sears、H&R Blockらを最初にインターネットラジオに受け入れた。

当然ながらHermanは自身の政治的所属は保守的傾向にあると言っているほか、同氏はElectronic Freedom Foundation、Swift Boat Veterans for Truth、American Center for Law and Justice等の団体にも政治献金を行っている。最近共和党全国委員会は、民主党とオバマ陣営が選挙時間に、包活的かつ革新的なWeb 2.0計画を打ち出して以来、有効なプラットホームや取り組みがみられないことを批判されていた。

Hermanが、自身の新しいポジションについてブログに書いている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)