ニュース
current tv
Current(企業)

Current TVの女性記者2人、いまだに北朝鮮に抑留中

次の記事

BillShrink―ガソリンスタンドの価格比較サービス

オンライン・メディア・ネットワークのCurrent TVは自社の記者2人が拘束されている事実について奇妙な沈黙を守っている。中国系アメリカ人のLaura Lingと韓国系アメリカ人のEuna Leeは、今月初め、窮乏のため中国側に脱出してきた難民を取材中、国境を超えて北朝鮮に入ったところを軍により拘束された。この事実は先週、New York Timesが報じたために知れ渡った。

中央ヨーロッパ標準時の今朝(米国時間3/24)、Reuters通信は、フォロー記事を掲載し、「2人はピョンヤンに移送され、尋問を受けている」という韓国紙JoongAng Ilbo(中央日報)の報道を引用している。この記事は同紙の英語版ウェブサイトでも読める。

韓国の情報源によると、Current TVの記者で韓国系アメリカ人のEuna Leeと中国系アメリカ人のLaura Lingの拘束後、アメリカ情報機関は韓国政府に対して情報収集に関する協力を申し入れた。アメリカ政府は、事件が公になる前に交渉を試みたがまったく効果を上げられなかった。同情報源によると、アメリカ政府は2人の現状やその後の北朝鮮の対応についてほとんど情報を持っていないという。ピョンヤンのスウェーデン大使館が接触を試みているものの、アメリカ政府はほとんど対応措置を取っていない。ワシントンと北朝鮮の間に公式の外交ルートは一切ない。

上の記事はこれに続けて、2人のジャーナリストとアメリカ人カメラマン、中国人ガイド(この2人は後に中国側が逮捕)は取材の熱意のあまり、中国・北朝鮮の国境を流れる豆満江(Tumen River)を渡ったとしている。2人の女性はスパイ罪で最低20年の懲役を科されるおそれがある。しかし、北朝鮮側は「善意の証」として2人を釈放するだろうと上の記事の情報源は推測している。

われわれはCurrent TVに大使さらに詳しい事情の説明ないし公式コメントを求めている。Current TVはアル・ゴア元アメリカ副大統領が共同ファウンダー、出資者の1人。

(写真:Associated Press、Yonhap)

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)