Meeboが一個の巨大な広告に変身, でもユーザは気に入ったよう

次の記事

Zimride: カープールでお金が儲かります

Web上のチャットサービスMeeboは、こと広告となると、たえずイノベーションに励んでいるが、今度もまた一つ新しい積極策を打ち出した。それは、背景全体に広告を常駐させたことだ。

同社によれば、従来の、画面下や中ほどのロールオーバー広告などでも1%以上のクリックスルーがあるが、今度のはサイトの背景全体を占領するので、ユーザは巨大な広告でばしっと顔面を殴られるような感じになる。ただし、オプションをクリックすれば広告を取り去ることも可能。

でも、ユーザはまったく気にしていないようだ。

ファウンダでCEOのSeth Sternbergが今日(米国時間3/25)のブログで、この新しい広告を説明し、ユーザからのフィードバックを求めている。コメントは100以上来ているが、その多くはきわめてポジティブだ。たとえば:

“いかすね…黒はMeeboに似合うよ…それに不思議な魅力のある広告だね — 心配要らないよ…“広告の必要性と、ユーザ各位のMeeboの利用を妨害しないこと、この両者の均衡は達成されているでしょうか”だって? もちろん、イエスだよ!”

“背景が変わったこととかを説明してるけど、おっしゃることには完全に同意いたします(とくに、どぎつくてださい広告がページをうめ尽くすよりずっとましです)。今回の広告は、とてもよくできています。背景を使うことも良いと思います。微妙に半透明なのがいいですね。邪魔になりません。広告が御社を助けるのなら、どんどんおやりください!  : )”

“邪魔にならない広告の出し方としては最高です。バナー広告やポップアップはみんなが嫌いです。今度のは、バランスが良いと思います。ほかの人たちと同じく、ぼくも広告は嫌いだけど、会社の経営のためには必要だよね。でも、ユーザのことを考えながら広告を出しているから、エライです。[ブルーの背景にする]ボタンをぼくが押さないのは、背景の広告は気にならないし、それを消さないほうが会社の利益になるからですよ。”

YouTube、ESPN、MySpaceなどなども同じような広告を過去に試したし、このタイプの広告はとても高額な広告料が手に入る。Meeboがユーザの抱き込みに本当に成功したのなら、たちまち、あっちこっちで流行(はや)るかもしれないね。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)