ニュース
yahoo farechase
Yahoo
farechase
DEADPOOL

Yahoo、格安旅行情報サイト、FareChaseを閉鎖

次の記事

ホワイトハウスは公開討論会のためにGoogle Moderator, AppEngine, そしてYouTubeも使う

Yahooは今日(米国時間3/25)、さらに贅肉を落とす努力の一環として、格安旅行情報サイトのFareChaseの閉鎖を発表した。このサイトは2004年7月に買収され、2年後にYahoo傘下で再開されていた。Yahooは今日、閉鎖を正式に告知し、訪問者はYahooのメインの旅行サイトに誘導される予定

これは、ユーザーが飛行機、ホテル、レンタカー、クルーズなどについて価格比較検索ができるサービスだった。しかし本体の旅行サイトを戦略的に強化するには明らかに力不足だった。困難な時勢に対応するため、Yahooとしては資源の集中を図らざるをえず、閉鎖を余儀なくされたものと思われる。

私には合理的な結論に思える。

Travel Weeklyによると、Yahooは既存のパートナーであるTravelocityと2009年2月下旬に新たな契約を結び、同社が引き続きYahooの旅行予約エンジンとしてとどまることを確認したという。過去にTravelocityはYahooが旅行情報に関してFareChaseにあまりに大きな役割を与えているとして抗議した経緯がある。今回の決定に先立ってYahooは数多くのサービスをデッドプール入りさせてきた。

ショッピング・エンジンのKelkoo、オンライン・ストレージのBriefcase、写真共有のYahoo Photos、SNSのMash、ライブ・ビデオ・ストリーミングのYahoo LiveRSS広告、ブラウザ・ベースのビデオ編集JumpCut、学生向けコミュニティー/求人掲示板、KickStartなどがすでに閉鎖されている。

次に犠牲となるのはどのサービスだろうか?

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)