New-York-Times

期末のレイオフ、Amazon、IBM、Google、New York Timesでも

次の記事

[CG]アップルWWDCの開催日決定!

2009年第1四半期末を目前に控え、最強とされる企業さえも経費削減のためにドタン場のレイオフを行っている。本日(米国時間3/26)IBMからGoogle、Amazonにいたるハイテク分野でレイオフが発表された。最大のレイオフがあったのはIBMで、米国内で5000人が職を失う。Amazonは、ネバダ、インディアナ、ペンシルバニア3州の配送センターで210人を解雇した。Googleも営業およびマーケティングで200名のレイオフを発表した(今のところ技術者は免かれている)。いずれのケースも削減された人数は会社の全世界従業員数の約1%に相当している。The New York Timesニュース編集室事業運営部門の5%削減を発表した。

これは、給与の削減によって当期の収支を救おうというものではなく、実質的な影響すらないだろう。しかし、これで各社は投資家やアナリストとの会見の際にこの方策に言及し、経費削減が進行中であるという印象を与えることができる。

今回の人員削減を、TechCrunchのレイオフトラッカーに追加した。求人のある会社についてはCrunchBoardを参照されたい。

  • Total Layoffs Since August 27, 2008: 448
  • Total Employees: 316,246
Company Date Location # % Source
Amazon March 26, 2009 Red Rock, Nev.; Munster, Ind.; and Chambersburg, Pa. 210 1% NYT
The New York Times March 26, 2009 New York, NY 100 5% NYT
Google March 26, 2009 Mountain View, CA 200 1% NYT
IBM March 26, 2009 USA 5,000 1% LA Times
Imeem March 25, 2009 San Francisco, CA 6 4% TechCrunch

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)