Facebook、今年は「絶対に」追加の資金調達が必要―Googleが買収を考慮か?

次の記事

YouTubeのチャリティー向け広告で1日$10,000もの寄付が集まる

昨年の10月、ユーザー数の爆発的な増加と広告市場の不振のせいで Facebookは新たな資金調達の必要に迫られるだろうとわれわれは予測した。

この記事の後、Facebookはいたるところで資金調達について公の発言をしている。

11月に、「資金調達を必要としているか?」という質問に対してファウンダーのMark Zuckerbergは断固として「ノー」と答えている。

しかし12月になるとZuckerbergは私のインタビューに対して「Facebookは更なる資金調達の可能性を否定しない、ただし、それは前回のMicrosoftによる$15B(150億ドル)の会社評価額を下回るものであってはならないとした。

われわれはacebookの資金調達と会社評価について話し合った。Zuckerbergは「社外からの推測には当たっているものも外れているものもある」としたうえで、Facebookに対する$15B(150億ドル)の会社評価額は依然有効であり、CFOのGideonYuはその価格での投資なら受け入れる方針だと確認した。しかし彼はFacebookがより低い会社評価額で資金を募っているという観測に対しては否定した。「われわれは金を集めようとあちこち運動して歩いてはいない。前回のラウンドの続き〔なら受け入れる〕というスタンスだ。

ここで早送りして先月に飛ぶ。Facebookの取締役、Peter ThielはBusinessWeekに対して「われわれは資金調達の必要はない。現在の成長率に対して当面十分なキャッシュを保有している」と語った。次に昨日、BusinessWeekはFacebookが$100M(1億ドル)の負債を同額の借り入れ資本で置き換えることによる資金調達を図っていると報じた

で、Facebookは資金調達をするのか、しないのか?

もちろん、する。

eMarketerはFacebookの2009年の収入は$230M(2億3千万ドル)と予測している。われわれの情報源によると、この数字はかなり低すぎるということで、2009年のFacebookの売り上げは少なくとも$300M(3億ドル)の大台に乗るとしている。しかしこのギガ級モンスター・サイトを運営するコストは途方ないものだ。その収入を加味したうえでもFacebookは毎月$20M(2千万ドル)かそこらの赤字を出しているはずだ。

Facebookが抱える問題はFacebookの成長が大部分、アメリカ国外から来ているという点にある。外国ユーザーはアメリカのユーザーに比べて収入に貢献する度合いが低いのだ。(われわれが昨夏作った国別モデル参照)

情報源によると、Facebookには現在$300M(3億ドル)程度の手持ち現金があるという。成長が現在の時点で止まったとしたとして、約15ヶ月分の運営費だ。しかし現在の驚異的な成長率を考えると、とてもそれまでもちそうにない。

Facebookは株式新規上場までのつなぎ、あるいは最低限でも景気が底を打つまでの運営費を今年中に調達する方針を固めているという。われわれの情報源によると、資金調達にあたっては$10B(100億ドル)の会社評価額を求めていく方針だが、 5B(50億ドル)の評価でも手を打つかもしれないとのことだ。

GoogleのFacebook評価は$2B(20億ドル)

われわれはまた一方でGoogleとFacebookの実務担当者レベルで資本参加または直接の買収の可能性について話し合われているという情報も耳にしている。しかしこの話し合いはFacebookの幹部レベルの関心をまったく惹いていないようだ。その理由は、Googleの社内におけるFacebookの評価額がわずか$2Bと低いところにあるようだ。Facebookがこのような評価額を黙って受け入れることはまずあるまい。

さて、ではどういうことになるのか? われわれの推測では、Facebookは行動の余地を確保するためにできる限りの借り入れを行うだろう。収入の伸びが言われているように高いものであれば、やがて必然的に行わなければならない株主資本の増資にあたって有利な会社評価を得ることができるだろう。最大の興味は、Facebookの次回の会社評価がいくらになるかだ。

アップデート:上記とは別の新しい情報源が「Facebookの社内での2009年の収入予測は$400M(4億ドル)以上で、その大部分はセルフサービス広告から来るものと想定している」と語った。またFacebookの手持ちキャッシュが$300M(3億ドル)という情報についても別途確認が取れた。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)