独占第一報: LalaのiPhoneアプリはユーザの音楽ライブラリをクラウドからストリーミングする

次の記事

InternSHAREはインターンの求人情報と企業の評価格付けの両方を提供

オンラインの音楽サービスは、目下足場がぐらついている危険な場所かもしれないが、なんとかうまく行きそうに見える新しい音楽サイトがいくつか登場していることも事実だ。その一つでぼくが好きなのがLalaだ。ここはユーザが自分のデジタル音楽のライブラリをクラウドに置いておけば、それにどんなコンピュータからでもアクセスできるというもの。もうすぐ、自分の曲にiPhoneからもアクセスできるようになる。

MySpace Musicのような音楽サイトはプレイリストと個々のアルバムのストリーミングが中心だが、Lalaはユーザの音楽ライブラリをWeb上で提供する。大手のレコード会社(と多くのインディー)とのユニークな契約により、ユーザは自分のコンピュータの上にある音楽を(入手方法の合法非合法を問わず)自分のオンラインライブラリに置ける。ユーザはLala Helperというアプリケーションをインストールして、自分のコンピュータ上の音楽ファイルを走査し、あるいはLalaにログインしてクラウド上の自分の音楽ライブラリをまるまる、見つけることができる。

それからユーザはLalaのリコメンデーション(推薦)を閲覧して、友だちが今何を聞いているかを知ることができる。このサイトのユニークな買い物の仕方として、曲の“Webだけバージョン”を1曲10セントで買える。やみつきになりそうな安い値段だが、Lalaにとっては広告以外の合法的な収益源として貴重だ。Webだけバージョンは何度でも聞けるが、ただしブラウザ上でのみ。iPodにロードしたいなら、1曲80セントを払う。だからここまでのLalaななかなか良いが、いずれにしてもユーザは自分のデスクに縛られた状態だ。

でも、LalaのiPhoneアプリケーションが近く出たら、(インターネットに接続できるかぎり)いつでもどこでも自分の音楽ライブラリの曲を聴けることになる。



AppleのこれまでのiPodはストレージが大きいが、今はiPhoneに鞍替えしたユーザが多い。iPhoneは機能は豊富だが、値段のわりにはストレージは小さい(8GBや16GBモデルを買う人が多い)。しかも、アプリケーションやビデオファイルをたくさん乗せているから、音楽は“厳選少数”しか乗せられない。

Lalaでは、その苦労がない。曲はLalaのサーバから聞きたいときに送られてくる。それはPandoraなどのやり方と同じだが、でもインターネットラジオと違ってLalaでは、自分のライブラリから自由に曲を選べる。

ただしこのアプリケーションが手に入るのはまだ先のことだ。Lalaによれば、iPhone用アプリケーションがいつリリースされるか、それは未定だ。退治すべきバグなど、まだ課題が多いらしい。テキスト入力欄が正しく更新されないとか、ボタンが機能しないとか、…。でも、たぶんもっと重要なのは、法律的な問題をクリアすることだ。そして、収益化の方法も練り直す。待ち遠しいね。大きな音楽ライブラリを持っている人には、喉から手が出そうなアプリケーションだ。しかも、Lalaのサービスのお客も、iPhone対応でぐんと増えることになる。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)