newspapers

傷だらけの合衆国新聞業界が昨年は広告収入を前年比で$7.5B失う

次の記事

SpiceworksがIT用ネットワーキングソフトにソーシャルメディアウィジェットを加える

昨年合衆国の新聞業界は最悪を記録した。総広告収入(印刷+オンライン)は16.6%落ち込んで$37.85B(378億5000万ドル)だったとNewspaper Association of Americaの最新の数字が言っている。つまり2007年から$7.5B(75億ドル)の減少である。印刷広告だけでは17.7%の減、三行広告は29.7%の減、オンライン広告も1.8%減って$3.1B(31億ドル)だった。

新聞社は印刷版を廃刊、スタッフをレイオフ、不況とWebとの戦いというダブルパンチで完全に死んだ新聞社もある。第四四半期に突入すると、広告収入の落ち込みは19.74%に拡大し、これで10期連続で収入が減少したことになる。しかもそれまで6期連続で、前期を上回る–加速する–下げ幅となった:

3Q07: -7.4%
4Q07: -10.3%
1Q08: -12.85%
2Q08: -15.11% 3
3Q08: -18.11%
4Q08: -19.74%

オンライン広告の減収も、加速しているようだ。オンラインの収入は$778M(7億7800万ドル)で、前年比8%の減少だ。年間を通しての下落も第三四半期には3%、第二四半期には2.4%だった(このとき初めて新聞のオンライン広告の収入が減少に転じた)。

(写真はScott Glovsky撮影)。

下の表は、昨年の各四半期の、新聞のオンライン広告収入と総(印刷+オンライン)広告収入を示す。”total”の欄が総収入である(単位:百万ドル)。

Year Quarter
Online
% Change
Total
% Change
2008 1 $804.05 7.20% $9,229.53 -12.85%
2 $776.58 -2.40% $9,601.64 -15.11%
3 $749.84 -3.00% $8,942.43 -18.11%
4 $778.27 -8.10% $10,074.65 -19.74%

そして以下は過去5年間の新聞の広告収入の推移だ。新聞業界はまだ大きいが、印刷の部門はまさしく衰退が始まっている。一方、オンライン広告の収入はまだ総収入の10%に達しない(昨年で8.3%だ)。しかも、こちらも難関に直面している。

Year Online % change Total % change
2004 $1,541 26.7% $48,244 4.5%
2005 $2,027 31.5% $49,435 2.5%
2006 $2,664 31.5% $49,275 -0.3%
2007 $3,166 18.8% $45,375 -7.9%
2008 $3,109 -1.8% $37,848 -16.6%

[原文へ]

(翻訳:hiwa)