MySpace
citysearch

MySpaceとCitysearchが提携してMySpace Localを開始

次の記事

狙い撃ち訴訟に悩むSeeqPod、チャプター11を申請

今日(米国時間3/31)午前、MySpaceとCitysearchが共同でMySpaceの新サービス、MySpace Localを立ち上げると発表した。同サイトはCitysearchの数千都市から集めた商業情報一覧(住所、写真、メニュー、ビデオ、地図、現地までの所要時間)をMySpaceコミュニティーに組み入れるもの。今週プライベートベータを開始し、来月には米国内で一般公開する予定だ。

新サイトではいずれ、中小企業情報ページを通じてCitysearchの全企業情報を提供する予定だ。当初はレストラン、バー、「ナイトライフ」のみでスタートする。ユーザーは企業の評価やレビューをすることが可能で、その結果はMySpaceの行動フィードを通じて共有される。

最後の一文は重要だ。これはすぐれもので、ユーザーは、友人がどのレストランやバー等の店に関心があり、また彼らがそれをどう評価しているかを知ることができる。MySpace Localに初めて行った時、最初に目にするのは友人たちの書いたレビューだ。

情報リストは、米国全主要都市の中心都市ごとにグループ分けされており、新しい地域検索機能もある。またMySpaceによると、将来はユーザーが予約をしたり自分で写真やビデオをアップロードできるようになるという。各機能はMySpaceのモバイル製品にも組み入れられる。

同サービスのデモはここで見ることができる。

要は金だ

だまされてはいけない。こうした地域向けコンテンツを採用するのも、すべては高価値な広告スペースを作り出すためだ。それぞれの店はMySpaceのセルフサービス方式のMyAdsサービスを使って、ページを宣伝できる。さらには、ライバル店を含め他の店舗を見ているところに広告を出すこともできる。有名ブランドも広告を打ってくる。CoorsとOutback Steakhouseが同サイトの初期スポンサーになる。

Citysearchは、既にFacebook Connectを採用しているため、FacebookユーザーがCitysearchに書いたレビューその他の情報をFacebookのニュースフィードに取り込むことが可能だ。MySpaceは、同社版のFacebook ConnectであるMySpaceIDを近い将来提供する考えだという。しかし、MySpace Localは完全に一歩先を行っており、この店舗情報全体をMySpace本体に取り込むため、営業チーム(およびセルフサービス広告)にとって膨大な広告枠が生まれることになる。

契約条件については、収益分配方式であることを除き詳細は明らかにされていない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)