Google Adsense、ビデオ内容に連動した広告配信を中止

次の記事

Twitter、自動フォロー機能を停止へ

Google AdSenseはビデオ・コンテンツへの広告配信を取りやめることにした。従来、この機能を利用して、ビデオコンテンツの制作者はYouTubeに投稿したビデオあるいはウェブサイトで公開したビデオに対してGoogleから内容に連動した広告の配信を受けることができた。Googleは、4月末でこの機能はAdSenseから完全に削除されると発表した。既存、新規を問わずAdSenseのユーザーは、ページ上のビデオに対して直接に広告をリンクして広告料の配分を受けることはできなくなる。ただしサイト運営者は広告の配信を受けるページ上にYouTubeのエンベッドコードを埋め込んでビデオを表示することはできる。

当然だが、Googleがこの機能を停止したのは利用率が低すぎたからだ。そもそもビデオを対象にして持続可能な広告ビジネスモデルを作り出すのは難しい。だからこそ未だにプレロール広告が一般に使われているのだ。しかし今回の決定の理由としては、ビデオ広告モデルの問題というより、表示されるビデオ・コンテンツ自体の問題が大きかったかもしれない。企業側では、自分のブランドがクリップのどこかでたまたま言及されるだけのビデオに広告を出したがらない。YouTubeのビデオの中で3語だけ関連あったとして、それを元に有効なリスティング広告ができるとは考えにくい。たとえば、 “Snakes on a Plane” 〔スネークフライト。飛行機中にテロリストが蛇を放つパニック映画〕は旅行の広告を掲載するのに適当な場所とはいえないだろう。文章の文脈連動広告ならはるかに高い精度で適切な場所に広告を掲載することができる。

しかしどうやら今回の発表は、最近とみに目だってきたGoogleのAdSenseのスリム化への努力の一環のようだ。最近、Googleはラジオ広告を中止しており、そのサービスを支えてきたGoogle Radio Automationソフトウェア部門を売却しようとしている。そのわずか1ヶ月足らず前に新聞その他印刷物への広告を中止している。「だから言っただろう」とは言いたくないが、しばらく前に、ビデオ広告がAdSenseに追加された際、われわれはそういうことがありそうだとする記事を書いている。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)