ニュース

ついにOfficeがiPhoneにやってくる?

次の記事

AdrolloがiPhoneのアプリ内で広告ネットワークを自動的に切り換えるサービスをロンチ

今ぼくはWeb 2.0 Expoのキーノート(基調講演)の会場にいるんだけど、Microsoftのビジネス事業部の社長Stephen Elopが、Microsoft Officeが近いうちにiPhoneに乗るかもと示唆したんだ。彼にインタビューする役のTim O’Reillyがコメントを求めると、Elopは前言をやや修正して“まだまだだけどご期待ください”と言った。でもOfficeのiPhoneバージョンを彼が構想していることは確実だ。

iPhone用のOfficeクライアントの噂は1年以上も前から流れている。iPhoneの上でWordやExcelのファイルを編集したいというユーザが多いからだ(今でもファイルを見ることはできるが、編集はまったくできない)。

非公式の編集機能も出始めている。今日(米国時間4/1)見たのは、Officeのファイルを編集できるアプリケーション集QuickOffice発表だ(まだリリースされていない)。それに、このスプレッドシートアプリケーションも注目だ。

Office関連のニュースとしてElopは、MicrosoftはOfficeの広告入りのオンラインバージョンをWeb上で提供することを計画していると言った。でもそれは今年の話ではないらしい。彼はまた、Officeのユーザは5億人いるが、金を払っているのは2億5000万人しかいないとも言った。Officeに関するMicrosoftの最大の懸念を聞かれると、Elopはイノベーションの鈍化だと言った。“ブラウザの上で文字を太字にしたり、下線を引いたりすることが問題なのではありません。本当にこわいのは、イノベーションをが途絶えることです”という言葉で。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)