Diggがやっと検索を手直し–スクリーンショットを見て

次の記事

今あなたのサイトを誰が見ているか: Betaworksがリアルタイム監視サービスChartbeatをスタート

Diggは1900万のユニークビジターと8500万近いページビューを誇っているが(Comscoreの09年2月の全世界データによる)、いまだにまともな検索エンジンがない。検索結果の並び方はでたらめだし、いろんな機能が消えてしまっている。それに、フィルタがめちゃくちゃ複雑だ。

それが近い将来に変わると同社のブログ記事が今日(米国時間4/2)言っている。Diggの検索がどう変わるのか、興味津々の本誌は、同社にしつこく迫って、ついにスクリーンショットを手に入れた。

今度の検索は、前に比べるとずいぶんまともなようだ。Diggのストーリーの人気と、”best match”という新しい機能があるわりにはね。そのほかのシンプルなフィルタとして”most dugg(もっともdiggされた)”と”newest first(新しい順)”がある。 ずいぶん古い、あまりまともでない結果がこれだから、比較してみて。

新しい検索にはサイドバーがあって、記事の古さやDiggの数、メディアのタイプ別分類(ニュース、ビデオ、画像)、話題別分類などのデータを表示する。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)