true ventures
socialcast
om malik
GigaOm

企業向けコミュニケーション・ソフトのSocialcast 、シリーズAで$1.4Mを調達

次の記事

広告ウィジェットのAdgregate Markets、GoogleのDoubleClickと提携に成功

Socialcastは企業向けコミュニケーション機能をSaaSとして提供しているスタートアップだが、このほどTrue Venturesとエンジェル投資家からシリーズAのラウンドで$1.4M(140万ドル)を調達することに成功した。ラウンドをリードしたTrue Venturesが$1M(100万ドル)、エンジェル投資家が$400,000を出資している。Socialcastは2009年のCrunchiesAwardの「最優秀自己資金スタートアップ」部門の最終候補に選ばれた

テクノロジーブログ・ネットワークのGigaOmのファウンダーで、True Venturesのパートナー、Om MalikがSocialcastの取締役に就任する。Om Malikは昨年9月にTrue Venturesに参加した。SocialcastはMalikがTrue Venturesで行った最初の投資案件で、ベンチャーキャピタルのパートナーとして取締役に就任するのもこれが初めてだ。

Tim Youngが創立したSocialcastは、企業内で情報を効果的に共有するためにソーシャル・ネットワーク機能とメッセージ機能を融合したコミュニケーション・ツールだ。Socialcastのソフトウェア(使用料金は1ユーザー1月$1)は、ソーシャル・ブックマーク機能、Twitter風のマイクロ・ブログ機能、FriendFeed風のストリーミング機能をすべて一つのプラットフォームに搭載したもの。さらにFacebook、Twitter、Deliciousなど外部のサービスとも統合が可能だ。SocialcastはまたiPhone、Gmail、YouTubeのアカウントからユーザーの活動を取り込むことができる。Socialcastの情報はすべて一般に対して非公開なので、企業内でのリアルタイム・コミュニケーション・ツールとして理想的だ。昨年のTechCrunch 50 カンファレンスで最優秀賞を獲得したYammerもTwitterに似たマイクロ・ブログ機能を企業向けに提供するプラットフォームで、最近人気を得ている。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)