Polar RoseはFacebook Connectと顔認識技術を組み合わせてFlickr上の写真にタグを付ける

次の記事

新聞斜陽の今, ジャーナリズム専攻科に進学する人ってどういう人たち?

Polar Rose,は、非公開ロンチのときに本誌が記事にしたことのある、写真のタグ付けをするサービスだが、このたびリリースした新バージョンではユーザのFacebookのコンタクトを利用して、Flickrの上の写真に写っている人に名前とタグを付ける。Polar Roseはユーザの写真の中に人を見つけ出し、ユーザがFacebookのコンタクトリストを使ってその人に名前を付けられるようにする。そして、ユーザのFacebookコンタクトが含まれているほかの写真のタグを–顔の類似性に基づいて–提案する。

Polar Roseの技術は、ブラウザのプラグインを使って、Web上のどこにある写真でも、ユーザがその写真の中の人にタグを付けられるようにする。写真を使ってその人の3D画像を作り、それまでのデータに基づいて、まだタグのない写真の中の人が誰かを判断する。新バージョンのPolar Roseは、Flickr上の写真にタグを付けられたFacebook上のフレンドに、誰々さんの写真の中であなたに名前が付けられていると通知する。するとそのフレンドは、名前を公開していいかいけないかを決める(フレンドが自分でサインアップして自分で決めないかぎり、Polar Roseはフレンドの名前などを非公開に維持する)。

ただしPolar Roseの最近のブログ記事によると、“Flickrからの写真のインポートにかなりの時間がかかっている”そうだ。

Polar Roseの新技術は魅力的だが、GoogleのPicasaには負けるかもしれない。Picasaは昨年の秋に人の顔を認識する技術をロンチした。Picasaの最新バージョンは、写真の中でまだタグの付いてない人は誰かとユーザに尋ねる。その質問に答えてからさらに写真をアップロードすると、すでにタグが付いている人に似ている人用には同じタグを提案する。Polar Roseのアプリケーションもこれと似ていて、Facebookのフレンドに前に付けたタグに基づいて写真を提案する。そしてFace.comは、人の顔を認識して、会員が自分やフレンドの写真を見つけるのを手伝うFacebookアプリケーションだ。

Riyaも顔認識をトライしていたが、今はLike.comを使ってeコマースに注力している。Ooklesもそうだが、ここはまだロンチしていない。Googleもイメージラベラーからは撤退した。TagCowはFlickrにアクセスして人力で写真にタグを付ける。しかしPolar RoseはFlickrとFacebook Connectを組み合わせている点で新しいようだ。顔認識を使って写真を判断する技術はまだ未完成だが、Polar Roseは一見の価値がある。ただし、実用レベルに達したらだが。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)