convotrack
backtype

ConvoTrack: BackTypeベースの簡単で便利な会話追跡ツール

次の記事

高解像度画像をズーム可能な埋め込みウィジェット化するClosRとZoomorama

このちょっといいツールは、あるウェブサイトや記事について話されていることを、いろいろなソーシャルサービスから取ってきて、ブラウザーのサイドバーに表示してくれる。会話を追うために別のウェブページを見に行く必要がない。

ツールの名前はConvoTrackで、BackType APIを活用して、例えばTechCrunchのある記事について何が話されているかを、誰でもブラウザーのウィンドウやタブで見ることができる。

ここにサンプルのリンクがある(スクリーンショットは下に)。

しくみはこうだ。”http://convotrack.com/”に任意のURLを渡すと、目的地サイトとその隣にサイドバーが表示され、関連する検索結果や参照元のほかTwitter、FriendFeed、HackerNews、Digg、Reddit、さらにはブログコメントからのリンクが表示される。会話は1本のストリームで表示するか、サービス別に分けるて表示するかを選べる。

ConvoTrackには便利なブックマークレットも用意されていて、ドラッグしてブラウザーのツールバーに置ける。面白い記事を見つけたら、ブックマークレットをクリックすれば、それについて今ソーシャルネットワーク界で語られていることを、その場で読んだり誰かと共有したりすることができる。重要なのは、これが全部、元記事が掲載されているウェブサイトを離れることなくできることだ。さらに、埋め込み用の短かいスクリプトを使うと、ウェブサイトオーナーがボタンを貼って、訪問者がワンクリックでソーシャルウェブ上の会話にアクセスできるようにすることも可能だ。

やるじゃないか、Wesley君。唯一残念なのは、特にFriednFeedのストリームで、コメントの繋がりが切れてしまう場合があることだが、これが誰でも簡単に解決できるものでないことは理解している。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)