Windows Live Hotmail、障害によりアクセス不能に

次の記事

AMDが3Dのメディアブラウザを公開。試してみたい人はいるかな?

Windows Live Hotmail(以前はHotmailという名前だった)は(一番ではないにせよ)非常に多くの人が使っている無料のウェブメールアプリケーションだ。そしてそのような場合に当然のことながら、問題が発生する場合もある(注意:リンク先は感情的になったティーンエイジャーのもの)。今回報告されているのは、多くの人が数時間に渡ってメールアカウントにアクセスできなくなっているという内容のもの。公式のWindows Live Helpを見てみると、次のようなメッセージが表示されていた。

HotmailとWindowsLive IDは8:44PM(太平洋標準時)よりサービスが停止していました。10:15PM(太平洋標準時)には復旧いたしましたが、中断中はインボックスがありませんというメッセージが表示されておりました。もちろんこれは誤って表示されたメッセージで、みなさまのインボックス、コンタクトリスト、Live IDはすべて問題なくお使い頂けます。私たち自身もみなHotmailを利用しており、今回の問題がどれほど深刻なご不便をおかけしたかについて理解しております。皆様のご理解を切にお願いするものです。尚、依然としてエラーメッセージの表示される方はブラウザをいったん閉じてから、再度サインインを行って頂けますようお願いいたします。

このメッセージが書き込まれたのはカリフォルニアでは深夜過ぎのことだった。Microsoftによればサービスの障害は2時間以上前に復旧しているはずだった。さらに問題は、私たちの受け取った障害情報のほとんどが、この発表以後に受け取ったものであることだ(報告はさらに寄せられつつある)。つまり障害は依然として復旧していないということだ。もちろん情報提供者たちはブラウザを閉じて再度アクセスを試みている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)