BirdhouseはTwitterのWordPress— なくても困らないがあれば便利

次の記事

MySpace 'Lite'で肥満児のプロフィールをスリムにダイエット

picture-2iPhoneのユーザーがいちばん使っているアプリは天気予報だそうだが、私が頻繁に使うのはTwitterアプリだ。Twitterの携帯からの使い勝手は良くないし、SMSは料金が不当に高すぎる。しかし幸いなことにいくつかのデベロッパーからシンプルで使い勝手のいいiPhone向けTwitterアプリが出ている。私の現在のお気に入りはTweetie(iTunes link)とTwitterfon(iTunes link)だ。どちらのアプリもアップデートを表示する、メッセージを引用して投稿する、検索するなど各種の機能を使いやすく提供している。しかし、メッセージの投稿だけに特化したアプリは今までにはなかった。Birdhouseはまさにその種のアプリである。

Birdhouse自身は「Twitter用メモ帳」と名乗っているが、実際に使ってみると、Twitter版のWordPressというのに近い。 アイディアはまったくシンプルだ。アプリを起動して、なんでも頭に思い浮かんだ好きなことを書く。Birdhouseは自動的にそれを「下書き」フォルダに保存する。ユーザーは好きなときに投稿することができる。それまで、好きなだけ編集し、出来栄えを格付けし(星1つから5つまで)、あるいは削除することもできる。いったん投稿するとメッセージは「履歴」フォルダに移される。投稿を取り消したい場合は履歴フォルダのメッセージをクリックするだけでよい。

Birdhouseには他のユーザーのメッセージをチェックする機能はない。これはそういう目的のアプリではない。BirdhouseはiPhoneのTwitter用コンテンツ管理システム(CMS)だ。( たかだか140文字のフォーマットのメディアにCMSが本当に必要かどうかはさておき)。下のビデオでBirdhouseのデベロッパー、Sandwich Dynamicsのチームが、必ずしも要領がよくはないがそういう趣旨の愉快な説明をしている。

このアプリは投稿予約ができればぐっと価値が増すだろう。つまり、メッセージを書いた後、所定の時間になったら公開するよう設定する機能だ。Sandwich
Dynamicsでは現在追加の機能を開発中だとしている。その中に投稿予約機能も含まれていることを期待したい。

とりあえず、十分に推敲してからTwitterメッセージを公開したいというユーザー(そういうユーザーも存在するはず)はBirdhouseを試してみとよい。価格は$3.99でApp
Store(iTunes link)から入手できる。もしすばやくメッセージを投稿することだけに関心があるなら、JustUpdate (iTunes link) —がおススメだ。CMS機能はないが、めちゃくちゃ速いし、無料だ。

[via Laughing Squid]

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)