Kabutom MX-03
beetle robot

[CG]巨大カブト虫ロボットが動く!(動画あり)

次の記事

ユーザが自分のSNSを作れるサービスGROU.PSに会員格付け/役割付与システムが加わる

beetle_robot_0

なんともビックリだ。茨城県に住むひとりの日本人が、長年かけて巨大カブト虫メカを作ってしまった。見るからに巨大なのだが、これが実際に動くのだからオドロキだ。

1998年に作りはじめた高橋さんは今や60歳。そしてなんとカブト虫ロボットの重量は15トン、全長11メートルにも達する。

beetle_robot

この巨大メカロボットの正式名はKabutom MX-03、カブト虫そっくりだ。クールなコントロールパネルを装備し、リモコン操作が可能なんてスゴいと思う。これぞまさにクールなホビーだ。そもそも高橋さんはエンジニアなのだ。

Kabutom MX-03は日本のテレビで昨夜放映された。残念ながら私は見そねてしまったが、幸いなことにYouTubeに投稿されているので、つぎのビデオをぜひご覧になっていただきたい。

[Via AltJapan]

[原文へ]

(翻訳:shiro)