ユニバーサル検索、離陸―Kosmix、3月に419%の成長

次の記事

Fluid、Facebookのチャットとステータス情報を利用してソーシャル・ショッピング機能を提供

Kosmixは数十もの情報源を利用して質問に回答するページをダイナミックに生成する「ユニバーサル検索エンジン」だが、最近急激に勢いを増している。今日(米国時間4/15)のcomScoreの統計によると、このサイトは3月に320万のユニーク訪問者を集めた。これは2月に比べてなんと419%の増加にあたる。

Kosmixは、あるテーマについてすばやくまとまった知識が得たい場合に便利な検索エンジンを目指している。(ある意味でこのアプローチはMahaloに近い)。しかしMahaloと違って、すべての「ガイド・ページ」は人間の編集者を介さず、すべて検索アルゴリズムで実施される。データはYouTube、Wikipedia各種ニュース・サイトなど多様な情報源からそのつど生成される。このためKosmixの検索機能は極めて柔軟となっており、ありとあらゆる分野の質問に対して直ちに回答を生成することができる。しかし、同時にアルゴリズムに頼るがゆえの欠点もある。時折、Kosmixのページには人間の編集者であれば絶対に見逃さないような、一見して場違いな項目が表示されることがある。

しかし、全体においてアルゴリズムは順調に作動しており、なにより急成長している。Kosmixは昨年の夏にプライベート・アルファをスタートさせたが、一般公開されたのはほんの昨年の12月のことだ。このとき同時に、KosmixはTime Warnerから$20M(2千万ドル)の資金調達に成功したことを発表した。(同社は2005年以来、$55M(5500万ドルを調達している)。Kosmixのテクノロジーは基本的には検索関連だが、それでいて非常に柔軟であり、先月はKosmixのエンジンを利用したMeehiveというカスタム新聞サービスをローンチした

アップデート: 私はKosmixのトラフィックの長期的な推移を見る統計を載せた。すぐに気付くのは昨年の大幅な落ち込みだ。Kosmixの説明によると、この落ち込みはcomScoreの統計の取り方が変わったためという。10月以前、comScoreはRightHealth(現在660万の月間ユニーク訪問者がある)をKosmixネットワークに含めていた。しかしその後別サイトとして扱うようになったためトラフィックが急減した。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)