ニュース
hunch

Hunchのデータによれば、Macに乗り換えた人々はダンスが好き―その他の面白い傾向が判明

次の記事

Twitter、FriendFeedで新しいフィード方式をテスト中

Q&AサイトのHunchスタートしてからまだ3週間しかたっていないが、すでに430万もの質問に対する回答が蓄積されているという。Hunchは一連の質問に答えていくことで自分自身のいろいろな傾向を客観的につかむことができるというサービスだ。Hunchはユーザーの回答パターンを分析して、似たようなパターンの回答をした他のユーザーを探し出し、そのユーザー・グループの回答傾向から他の質問に対しても適切な回答を導き出そうとする。いわば共同作業による情報のフィルタリングだ。

Hunchの共同ファウンダーはFlickrの共同ファウンダーとして有名なCaterina Fakeだが、 このほど、Hunchが集めた興味ある相関関係の例を公表した。その例には次のようなものが含まれている。

* 宇宙人が人類を誘拐していると信じている人々はNancy Pelosi 下院議長が経済危機に責任があると考える傾向がある

* ある人がMacに乗り換えるかどうか予言する最良の判断基準は「ダンスが好きかどうか」だ。ダンスが好きならMacに乗り換える可能性が高くなる。PCユーザーは面白みがない? データによるとそういうことになる。

* ジョークIDカードの持ち主はスタートアップが性にあっている。

* スポーツ・ゲームのファンは過去に少なくとも1回骨折を経験している(だから実際にフットボールをする代わりにソファに座ってテレビ・ゲームをやっているのだろう)。

FacebookとTwitterを比較すると、Hunchのデータによれば、FacebookユーザーはTwitterユーザーより社交的だという。パーティーなど実際の付き合いの場で、Facebookユーザーは初対面の相手も含めて他人と打ち解けて交流するのに対して、Twitterユーザーは元からの知り合いと固まって過ごす傾向が強いそうだ。その他、
Facebookはシャンプーや飲み物にもっと金を使う。Twitterユーザーは肌が油ぎっている。つまりTwitterユーザーはギークということなのだろう。そうじゃないかと私も思っていた。Oprahにはないしょだ。

Hunchのデータセットは来週リサーチャー向けの専用APIを通じて公開される予定だ。どんな思いがけない相関関係が見つかるか楽しみだ。

(写真:Ira Mejías

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)