USA
Military
ipod touch

[CG]今やiPod touchは米軍に欠かせない武器

次の記事

オバマ大統領、国家CTOにバージニア州テクノロジー長官を指名―シリコンバレーのOBは選ばれず

ipodtoucharmy

週末はテレビやビデオゲーム、BitTorrentの数字アップに貢献するなど気楽に過ごす時間だ。でもそれだけではない。思わぬニュースに出合ったりもする。米軍とiPodの話なんかに・・・

米軍がiPod touchをアラビア語の通訳に使ったり、地元民に市長の写真を見せて「ほら、街のお偉いさんだってオレたちのことが好きだろう」といったり、その他もろもろハイテクがらみのニュース。

米軍がiPod touchを選んだのにはいくつかわけがある。まずお値段だ。これが最大の理由だろう。アンクルサム(米政府)にとって新品のiPod touchはたったの230ドルだ。RaytheonやStarkといった軍事企業が国民の税金を使って開発する軍用機器がどのくらいするものか想像できるだろうか。二つ目は、多くの兵隊がすでにiPod touchに馴染んでいること。私用のiPod touchやiPhoneをすでに所有しているものも多い。だから使用方法の訓練の手間がおおいに省けるというわけ。三つ目は、iPod touchが万能機器だということ。比較的簡単にアプリケーションの開発ができるし、そう簡単には壊れない。

米軍がiPod touchを使うシーンはいくつも考えられる。Vcommunicatorを使うと簡単にアラビア語が通訳できる。そのほか開発中のソフトを使うと、たとえば道路標識の写真をとって司令部に送れば、その周辺の軍事情報がばっちり得られる。

なんともスゴいことだ。

写真:Flickr

[原文へ]

(翻訳:shiro)