skygrid

SkyGridが無料のリアルタイム経済ニュース集積サイトを立ち上げ

次の記事

シリコンバレー(インターネット技術)はイラクを救えるか

あの値段の高いBloombergの端末を、ゴミ箱に捨ててしまおう。まったく新しい経済ニュースサービスが誕生したんだ。しかも無料。このSkyGridというサイトは、すべての公開企業に関するニュースをネット上のあちこちから集めてきて一箇所で見せてくれるし、各ニュースの重要度や記者の気持ちなども感じさせてくれる。

本誌は1月にSkyGridを取り上げたが、そのときは年会費6000ドルの経済ニュース製品で、株価や、ユーザが関心を持つ部門のリアルタイムに更新される情報を、Flashのインタフェイスで見せてくれた。今日(米国時間4/20)このサービスは無料サービスへの移行を完了し、誰もが非公開ベータに加わることができる。登録はここから。既存のユーザも、新サービスに招待されるし、登録ユーザが友人を誘ってもいい。

TechMemeGoogle Newsと同じく、SkyGridもキーワードの分析やリンク先などに基づいて関連ニュースをまとめる。ユーザは、重大ニュースがいろんなブログやニュースソースなどで異なる取り上げられ方をしている様子を一望にできる。しかもSkyGrid は、各記事の感情を…遊びではなく本気で…を捉えようとする(赤はネガティブ、グリーンはポジティブ)。

上に示すメインページでは、公開企業関連の経営財務ニュースが表示される。ユーザは、株価、ポートフォリオ、注目している部門や分野など専用のページを作れる。ニュースをニュースソースで選別することもできる(有名ニュースサイト、ブログ、EDGAR Filings、プレスリリース等々)。また、リアルタイムのニュースのほかに、2週間前までの過去のニュースを見ることもできる(今後は2週間よりももっと長くする予定だそうだ)。

全体的な印象として、すっきりしてるし、とても便利。特定の企業や団体に関する特定の話題のニュースを探すことが、簡単にできる。記事の選び方やランク付けも適切。でも、圧倒的に便利なのは感情エンジンで、株を買う人はニュースの全文を詳しく読まなくてもそのニュースの株価への影響を判断できる。感情エンジンは100%正確とは言えないが、でも、良くできてる。ユーザは、正しくないと思ったら感情を変えることもできる。

今後への要望. SkyGridは現在、公開企業しかカバーしていない。Facebookのような非公開企業や、MySpaceのような公開企業の子会社は、ニュースの量がとても多いにもかかわらず、取り上げられない。非公開企業も取り上げるようにしたら、このサイトはTechMemeなどの強敵になるだろう。今のところは、ぼくのようなニュース中毒人間にとっては、数ある愛用道具の一つにすぎない。ただしもちろん、プロの株屋さんにも役に立つと思うし、彼らは非公開企業には興味がない。SkyGridが最初にねらっているのは、このタイプのユーザだ。

SkyGridはカリフォルニア州Sunnyvaleにあり、2回のラウンドで$13.3M(1330万ドル)を調達した。創立は2005年だ。

アップデート: これがデモビデオだ。今日のRobert Scobleのインタビューも見てみよう。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)