Wikipedia
wikimedia-foundation
Orange(企業)

フランスの携帯大手OrangeがWikipediaとコンテンツ提供と広告展開で契約

次の記事

FoodistaがAmazonやそのほかのエンジェルから55万ドルを調達

ヨーロッパ最大の携帯電話企業の一つであるFrance TelecomのOrangeが、Wikimediaと提携して、Orangeの携帯電話とWebサイト上の、両者共同ブランドのチャネルからWikipediaのコンテンツを提供する。両者間の利益分配契約により、非営利団体のWikimediaは広告収入の一部を取得する。

Orangeは同社のWebおよびモバイルのポータルの上に、特別のWikipediaコンテンツチャネルを作る。さらにOrangeは、Orangeのポータルから直接、Wikipediaのコンテンツにアクセスできるための、ウィジェットも開発する。Wikipediaのコンテンツとウィジェットは、最初はフランス、スペイン、イギリス、ポーランドが供用範囲だが、今後はヨーロッパのOrangeの営業区域全体に広げていく。

これはWikipediaにとって良い契約のようだ。Orangeの営業区域はとても広くて、1億2200万の携帯電話ユーザと、ブロードバンドの無線接続のユーザが2670万人いる。Orangeによれば、ヨーロッパ市場の携帯電話の2/3はWebにアクセスできる。Wikimediaはすでに携帯市場に対応して携帯対応のサイトを作っている。iPhoneでWikipediaを閲覧するためのアプリケーションもいくつかある(Wikipediaが作ったものではないが)。たとえばWikiPockが作ったものや(ここは収益の一部をWikimedia Foundationに寄付している)、Powerset、WikiTap、WikiMobileなどだ。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)