AppleのApp Store: アプリケーションのダウンロードが10億本に達す

次の記事

あちゃー、Microsoftの3月四半期は利益が32%ダウン

ついにやりました。AppleのApp Storeからダウンロードされたアプリケーションの数が、10億に達しました。App Storeには今、25000を超えるアプリケーションがある(35000という説もある)。この節目の価値は、単純に10億という数以外に、App StoreがiTunes上にロンチしてからわずか9か月で、有料無料合わせて10億に達したことだ。

昨年の夏には、世界21か国で最初の3日間の3G iPhoneの売上が100万台に達した。そのときは、iPhoneのユーザたちがロンチしたばかりのiTunes App Storeから1000万のアプリケーションをダウンロードした。

それが12月初めには3億になり、1月16日には5億に達した。最初の5億に達するまでに、半年かかったことになる。そして次の5億は、わずか3か月(2〜4月)で達成したわけだ。

2009年3月には8億になった。928,077,779あたりから、本誌はAppleの10億を目指すカウントダウンを毎日チェックすることにした。Appleはさらに、カウントダウンの瞬間々々のそれまでの人気上位アプリケーションのリストも提供した。過去にたった一度しかやらなかったことなのに。

Appleは、今日(米国時間4/23)あたりに10億に達すると見当をつけていたようだ。10億本目を祝うページを、用意していたぐらいだから。

Appleの予測では、10億本目がダウンロードされる時刻は1:24:06 AM PST on April 23(太平洋標準時4月23日午前1時24分6秒)だったが、それは外れた。

picture-310

アプリケーションの数も着実に増えている。11月にはApp Storeに1万のアプリケーションがあったが、Appleの1月の四半期決算報告のときには15000に増えていた。その後1か月でアプリケーションはさらに5000増えて、トータルで2万になった。3月には、App Storeのアプリケーションの数が25000を超えた。そして今、Mobclixの推計では全世界で35550のアプリケーションがある。

過去2週間以内にアプリケーションをダウンロードしたiPhoneユーザには、抽選で1万ドル相当のiTunesギフトカード、MacBook Pro、Time Capsule、iPod Touchなどが当たる。本誌も、10億に達する日付時刻を当てる懸賞をしたので、その当選者を近く発表する。

以下は、現在の人気上位アプリケーションのリストだ。無料と有料に分けてある。データの提供者はMobclixだ。全世界の項目の、かっこ内の数字は、そのアプリケーションが第一位だった国の数だ。

トップ5 無料 (全世界):
1: Heat Pad – Relaxing Heat Sensitive Surface (17)
2: Skype (9)
3: Ferrari GT Evolution: Lite Version (6)
4: Racing Live (4)
5: Yahoo! Messenger (4)

トップ5 有料 (全世界):
1: Camera Zoom (12)
2: Flight Control (11)
3: Playman Track & Field (3)
4: Wild West Pinball (2)
5: Airport Mania: First Flight (2)

トップ5 無料 (合衆国):
1: Catcha Mouse
2: iDare
3: F-MyLife
4: Heat Pad – Relaxing Heat Sensitive Surface
5: Dictionary.com

トップ5 有料 (合衆国):
1: Flight Control
2: StickWars – Siege
3: Pocket God
4: iHunt 3D
5: ParkingLot

[写真提供: flickr/thetruthabout]

[原文へ]

(翻訳:hiwa)